kandouya

ネガティブ/マイノリティ専用WEBマガジン

映画館に行くの、やめます。YABERのプロジェクターで映画館ごっこ【ベッド・イン・シアター】

私は最近、映画館に行くのをやめた

映画は寝転がって観たい派なんだけど、やっぱりたまに映画館に行くと、大きなスクリーンで観る映画って素晴らしいなと思うんだよね。なるべく人がいない時間帯で、周りに人がいない席を狙うんだ。

でも、スクリーンを遮る高身長のお兄さんや、ぺちゃくちゃうるさい若いカップル、入れ歯をシーシーハーハーするおじいさんとかがいつの間にか周りにいるって、あの七不思議はいったい何なんだろう。

自分自身も、感無量になって泣いたりしても、鼻水ひとつズルズルできない。嗚咽したいくらい泣きたい映画だってあるのに、息を止めてなきゃならなかったりして、もう気を遣いまくりなのが「映画館」という場所でもあったりする。

でも、そういう悩みとはもう無縁。

私は「ベット・イン・シアター」を手に入れたのだ

プロジェクターで自宅映画館「ベッド・イン・シアター」を作ってみた

プロジェクターを買った。YABERの小型プロジェクターだ。(YABER プロジェクター小型 4200lm 1080PフルHD対応 高画質

この、映画館感!! 本当にすごい。

実は、12年前に買った初代液晶テレビがもう寿命を迎えそうで、そろそろテレビを買い替えるか……と思っていたんだけど、実際テレビって必要かな? と疑問だった。地上波なんてほとんど見ないし、テレビをつけるときは家族がゲームをするときか、YoutubeやAmazonPrimeで動画や映画を見るときくらいなものだった。

だから「ぶっちゃけテレビ要らなくない?」って思ったのだ。

で、プロジェクターを探してみたら、なんと1万円以下で買えることがわかってびっくり。液晶テレビは、1万円台では到底買えない

しかも家電量販店などで売っているメーカー品の多くは横型ディスプレイだが、YABERの小型プロジェクターは縦型ディスプレイのため非常に高画質だ。女優さんの肌のキメまでしっかり写り込んでくるから、リアルである。

本体はこんな感じ。A4ノートくらいのサイズで、そんなに場所はとらない。右側に突き刺さっているのは、ファイヤーTVスティックだ。

YABER 小型プロジェクターは、1台で1日中遊べる

1台1万円以下のプロジェクターを探していたんだけど、テレビを買い替えることを考えていたら1万円弱ぐらいのものでも全然安いなってことに気づいたので、結局YABERの小型プロジェクターを買った。

別売りのファイヤーTVスティック(Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン付属
)でネットとづないだので、いろんな使い方ができる。CMでお馴染みの「アレクサ」も内蔵されているから、アレクサをからかって遊んでもいい。歌を歌ったり、なぞなぞやクイズを出してくれたりもするよ。

ファイヤーTVスティックを使わない場合、手持ちのスマホを繋げることもできる。その場合、HDMIケーブルを買わなくてはならず、ちょっと面倒なんだ。全部で20,000円以下でこのシステムが完成するなら液晶テレビよりも断然安く済むので、私はYABERのプロジェクターとファイヤーTVステックのセット買いがいいと思う。

ちなみに、プロジェクターを壁から離せば話すほど画面サイズが大きく映る。だから部屋の広さに応じて、画面の大きさは変わると思ったほうがいい。42〜200インチに調節できるので、お好みや部屋の状況に合わせて使ってみては。

画面は液晶テレビのサイズに置き換えると100インチくらいはあるのではないだろうか

画面が大きくできるぶん、画質もすごくいい。

人の肌の粗がよく見えるし、臨場感もかなりある。

プロジェクターがあれば「ベッド・イン・ライブ」だってできる

youtubeのライブ動画も再生できるから、疑似ライブも体験できる。ベッドの中で!

HiFiスピーカーが搭載されているので、他のスピーカーを外付けしなくてもそれなりの音質での再生ができる。ただ、音楽をメインに楽しみたい人や音質にこだわる人は、ポータブルスピーカーを外付けしたほうがいいかもしれない。ちなみに筆者はAnkerのスピーカーをつなげている。

ライブって確かに好きだけど、行くまでにはけっこうな労力がいるものだ。アラサーにもなると、時間と場所、仕事や予定との都合のつくライブってあんまりないのが現状。

並んで、ライブ見て、他人の汗まみれになって、クタクタになって電車に乗ったり運転したりして家に帰る……という一連のことを考えると、結局家でDVDや動画で楽しむのがいちばん性に合っているような気にもなってくる。

昼間だと少し外の光が漏れるけど、このくらいの鮮明度で映すことができる。

古いアーティストのライブも、今は亡き人の姿も、大画面で見られるんだ。

もう、ダメ人間と批判されるのを承知で言う。

引きこもりでどこまで楽しめるかってことを追求するのが、一番楽しいかもしれない

YABER小型プロジェクターのひとり映画館、最高!

このYABERのプロジェクターで作る「ベッド・イン・シアター」をテレビの寿命がきている人や映画・音楽好きの引きこもりには全力でおすすめしたい。

休みの日は、前から気になっていた映画、思い出の映画、それぞれの好きなものを選んでゴロゴロしながら自分の世界に入るのだ。

ガスコンロにくべるあの銀色のポップコーンでも用意して、コーラも買っておこう。ペットボトルじゃなくて、缶か瓶のやつが最高だなぁ。もちろん、ビールを飲んでもいいんだ。

次の日が仕事の日の夜は、温かいカフェオレとチョコレートを布団の中に持ち込む。ベッドの中で好きな物食べたり飲んだりするのって、ちょっと罪悪感があるけど、気持ちいいんだよね。

つまらない映画だったら、そのまま昼寝してしまえばいい。気分と身体が乗るなら、3本立てで観たっていい。声を出して笑ってもいいし、泣いてもいいし、音楽が素晴らしければ踊ってもいいんだ。

ひとりって最高だ~!

自分にとって、どこに行くとか、誰と何をするとかって、そんなのあまり重要じゃなくて。

引きこもりでどこまで自分を満足させられるかを、最近すごく大事にしている。お金はなるべくかけないけど、細く長く楽しむサイクルを作るために、最初はちょっと投資するようにしている。でも、YABERの小型プロジェクターは購入から3ヶ月以内であれば、返金対応もしてるのが好ポイントだ。もし適していなかったら100%返金OK。3年間のメーカーサポート付きだ。

引きこもっていても、自分の中にはいつでも世界が広がっていて、自分の中の充実度をどれだけあげるかってことに、最近は注目しているんだ。/Kandouya編集部


YABER プロジェクター小型 4600lm 1080PフルHD対応 高画質 1280×720ネイティブ解像度 ホームシアター LED プロジェクター 金属カーバ HIFIスピーカー内蔵 スマホ/パソコン/タブレット/ゲーム機/DVDプレイヤーなどに対応 HDMIケーブル付属


Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン付属

おすすめ書籍《トラウマ・HSP・アダルトチルドレン》

スポンサーリンク

Return Top