kandouya

ネガティブ/マイノリティ専用WEBマガジン

人生ってなんだ?頑張るってなんだ?もう嫌だ疲れた…そんなあなたに伝えたい。

人生ってなんだ?頑張るってなんだ?もう嫌だ疲れた…

人生がしんどいなんて誰でも同じ。疲れたなんてみんな抱えている気持ち。自分の悩みが小さく思えるから山に登れ。海を見ろ。精神的に強くなれ、自信を持て。これって全部、本当なの?

人生に疲れた、もうしんどい、無理、誰か助けて。そう思っている時に、大自然に足を運ぶ気になる人がどのくらいいるだろう。「私の心が弱いから、自信を持つために自分磨きでもしよう!」と誰が思えるのだろう。

みんなしんどい、みんな大変、誰でもつらいもの。だったら他の人はなぜあんな風に笑えるのだろう。

人には、何を言われても響かないほど辛くなる時があります。何もかも嫌なほど、人生に疲れたと感じる時です。

[ad]

人生にほとほと疲れた、そんな時はこう考えてみてほしい。

明日、たまたま消えてしまったら責任取ってくれるの?

人生って何が起こるかわかりませんよね。こんなに悩んでも辛くても、明日にはなにかのきっかけで命を落とすかもしれないし、急に事故に遭わないとも限らない。本当に本当に、誰にも読めないことですよね。

それなのに「頑張って」「それじゃだめ」「こうであるべき」と他人から言われる言葉に意味はありません。

だって、そんな人に限って、あなたがもし明日命をなくしてしまったら、きっと手の平を返したように「もっと好きなことをさせてあげればよかった」「もったいない」と泣いたり、同情した様子を見せるからです。

あなたにとって無理を強いる人、合わない人、嫌なことを言ってくる人にはあなたへの責任などないのです。だったら、あなたは人生に疲れたと思う今、あなたの思うままに逃げたり、嫌なことをやめたり、嫌な人を拒絶したっていい。根っこが真面目だから、疲れるんです。

誰かが決めつけた常識をすべて捨ててみること。

1年も仕事が続かない人間は心が弱いからどこへ行っても続かない。自分が変わらないから人生がうまくいかないんだよ。つらいことがあっても乗り越えなくてはいけない。母親はどんなときも「しっかり」してなくてはいけない。離婚はうしろめたい行為だ。

人生に疲れるくらいあなたを追い込んでしまうくだらない常識がゴロゴロ転がっていると思いますが、これらはすべて多数決方式で流れ着いてきた、錆びれた流木みたいなものです。

誰かがそういうことを謳う。それを多くの人が支持する。さらによく考えもしないで多くの人が支持することを支持する人たち。そうして作られてきた、本質などないただの一般論です。

だから大丈夫、あなたが人生に疲れたと思うのは悪くないし、間違っていない。今は頑張らなくていいし、頑張ろうと思う必要もないし、あなたが疲れたと思っているのだから、それ以外に答えなどないんです。

「人間を選んではいけない」という良心はいらない。

「都合が悪くなったらすぐに逃げる」「嫌なことを言われる人の話を聞けない人間は成長できない」

そういったことを頭にすりこんでくる人、いると思います。しかし、自分にとっていい人とだけ付き合うことによって、人生はとても楽になります。そしてそれは弱いからではなく、結果的に困難とも向き合えるようになるための手段です。

あなたの良いところをみてくれる人、褒めてくれる人、許してくれる人。いなければ、あなただけでもそうしてあげるべきだし、付き合う人間は積極的に選んで心地よい人間関係だけ残すのもいいです。

そうしなければあなたは壊れてしまうから。壊れていい心なんかないし、いざ壊れたところで本気で助けてくれる人はネガティブな言葉をかけてくる人のなかには間違いなくいない。血の繋がった親でさえ、そもそも気づかないこともあります。

今置かれている環境にいる人、すべてから逃げてはいけない、向き合う必要があると思っているならそんな考えは持たなくていいです。

「普通」って何だろう?普通という概念を捨てた時、驚くほど世界が広がる

家族だからといって、居場所とは限らない。

たとえば毒親のような、あなたに執着する親や家族、ストレスをかけてくる家族は、あなたにとってただの毒であって居場所でもなんでもないこともあるでしょう。「親子だから」「家族だから」は、一種の呪縛です。

しかし実はこの呪縛によって、いつまでも長い間苦しみ、自由になれず、かといって捨てきれずにいる人はたくさんいます。肉親だからというだけで、理由もなく恩返ししなくてはいけない、関わり続けなくてはいけないと思っていませんか?

だとしたら、あなたはやさしすぎるよだから疲れてしまうんです。強引にでも逃げていいんですよ。

親がどうでもあなたの人生はあなたのものであり、生まれ落ちた場所は永遠にいるべき場所ではありません。だってあなたは頼んで産んでもらったわけでもないし、自ら選んで親を決めたわけでもないけど、こうして頑張って生きてきたんだから。

あらゆるストレスの種を、一つずつためらわず消してしまえばいい。

仕事を辞めたいなら辞めたらいいし、ずる休みでもなんでもしていいし、気を遣ってきた人間関係を全部断ち切ったってかまわない。構わないから、自分を大切にしてください。

○○はしてはいけない。○○でなくてはならない。これは本当にいらない縛りなんです。

本当にだめなのは犯罪。それだけです。

まずはあなたを一番苦しめているものを思い出し、そのことに対して気を緩めます。仕事なら「休んではいけない」を消す。子育てだったら「お母さんは強くないとだめ」を消す。○○はしてはいけない。○○でなくてはならない。という発想を一切しないことから、疲れを癒やすことが始まります。

自分を責めたり、もっと頑張ろうとするなんて論外。なんの解決にもなりません。

誰も自分を知らないところに行きたい…いい人でいることに疲れてない?

人生に疲れたときに見直すべきはこの3つだけ。

1人間関係(家族、職場、恋愛、友人)

あなたが生きていて「モヤッ」とくる人間は誰か。話も聞かずに分かったような顔をするのは誰か。本当に信頼できる人は誰か。ここを見直します。そして、それが身内であっても外の人であっても、連絡を遮断します。

相手がどう思うかなんて、今は考える必要はありません。関わらないようにするのです。

LINEを一時的にブロックして見ないようにするのもいいでしょう。余計な刺激を受けないような時間を徹底して作ります。

2 健康状態(睡眠、食事、心)

そして今のあなたはどのような健康状態にあるか、自分のことを客観視してください。まずはちゃんと夜に眠れているか、朝起きられるかどうか。

眠りが浅い、寝ても寝ても眠い、不眠、悪夢を見る、朝がくるのが怖くて眠れない。睡眠のバランスの崩れは、心の状態にも大きな影響を及ぼします。何も考えずにとにかく朝や夜だと気にしないで、たくさん眠ってください。

正直に言わずともただ眠るためだけに会社を休んでもいいと思います。根性なしとか、何を言われるだろうと思っても、とにかく疲れた頭と心を休ませるほうがいいです。

そして食べたい物を、食べたい時間に食べ、好きな事しかしないでください。そうしなければ、回復などしません。

3自分はどうなりたいかだけ考える

人生に疲れたと思う人は、自己中心的になれない人です。表面的な部分ではなく、本質的な部分です。

だから、意識して「自分はどうしたいか」「自分の心は何を求めているか」ということに耳を傾けてあげないと、周りの人に気を遣い、周りの人を裏切れず、もう余裕が完全になくなるまで心に正直になれないのです。

しかし人生はだれのものでもなくあなたのもの。常識にとらわれ、心をすり減らさないでください。

あなたが「もう逃げ出したい」「仕事を辞めたい」「もう限界だ」と思うなら、答えはそこから去る一択。それくらいシンプルに、自分の思いに充実にしたがってみるべきタイミングなんです。

育児疲れで人生疲れたと感じている方は、こちらも読んでみて下さいね。↓

人生に疲れたら、あなただけの人生へと変えてほしい。

人生はこんなに疲れるし、理不尽だし、報われないし、生きるだけで大変です。それでも、いつどこで何が起こるかわからないあなたの人生を、他人に振り回されながら生きていくのはやめませんか。

誰に嫌味を言われようが、後ろ指を指されようが、あなたが幸せを感じられるかどうかが何よりも大切なのです。

簡単にはそんな風に思えないと思います。逃げ出すことも、大きな覚悟と勇気がいります。しかし、何もかも嫌だと思うくらい疲れたなら、あなたはもう十分に頑張ってきたということ。

生まれてから死ぬまでを作るのは本当はだれでもなく、あなたでいいのだから。/Kandouya編集部

おすすめ書籍《トラウマ・HSP・アダルトチルドレン》

スポンサーリンク

Return Top