kandouya

ネガティブ/マイノリティ専用WEBマガジン

嫌いな人のSNSを見てしまう、私の「いじわるな心」

「あぁ、やっぱりな。この人は相変わらずだな。」

嫌いな人のSNSをチェックして、安心することがある。

逆に

「なんか、幸せそうだな。やっぱり、嫌いになる方が間違ってるのか。」

こんな風に、落胆することもある。

嫌いな人のSNSって、どうして見てしまうんだろう。

嫌いな人のSNSなんてチェックする暇があったら、もっと別のことに時間を使うべきだ。わざわざ見るということは、本当はその人に興味や関心、憧れみたいなものがあるんだろう。そんな見解も、一理ある。

例えば、私は昔Facebookで嫌いな人のSNSをずっとチェックしていた。その相手とは、特別に親しくしていた時期があって、個人的に遊びに出かけたり、家に招いたりすることもあった。

最初は自分に少し似ているところがあるように思えて「すごくいい関係になれるかもしれない」と思った。しかし、そうした期待をもって少しずつ近づくうちに、ちょっとした違和感を覚えるようになっていく。

ふとした会話の中、メールのやりとり、とっさの反応。関係が慣れてくるにしたがって、ルーズになるところ……まぁ、そんなに大したことではないんだけど、ところどころで「え?」って思うことが蓄積されていった。

私の場合、他人を嫌いになるパターンはいつもこうだ。最初は「この人、すごく良い人かもしれない。私をわかってくれる人なのかも。」という期待がある。そして、少しずつ少しずつ仲良くなっていくのだけれど、その途中で実はいろんな「違和感」が肌に刺さっている。

でも「この人は私の理解者かもしれない」という期待があるので、その違和感に気づかないフリをしたり、見なかったことにしてしまう。ちょっと考えてはみるけど「そんなに気にすることでもないか……」と、消化しようとしたりする。

そして、「仲の良い友達の図」が完成したころには、けっこう窮屈な精神状態になっている。

自分でも、不思議だと思う。仲の良い友達になるために突き進んでしまうのに、その目的を果たした時にはもう窮屈で窮屈でしかたがない。でも、大抵こういう状況になるときは、表面的には「私と相手」という強い結びつきのようなものができてしまっている。例え仲良しグループのメンバーが他に数人いたとしても、私とその相手は「別格のふたり」と周りから認知されていたりする。

だから、あの人の嫌なところも、違和感も、誰にも話せなくなって、ひとりで悶々と抱える状態が続くのだ。あくまでもこれは私の場合なんだけれど、ひとつひとつの違和感は小さなもので、誰かに言って聞かせるほどのことじゃない。

「そんなことで怒るの?」「悪いところばかり目につくのね」と思われるのも怖い。自分の中で、ひとつひとつのことが小さければ小さいほど、最終的な「嫌い」の感情は大きく膨れ上がるのだ。

関係が途絶えて連絡をとり合わなくなって、その相手と直接接する機会がなくなった。それでも私はしばらくの間、相手のSNSを見ていた。

相手のFacebookには、嫌いだと思う理由がいっぱいある。

会社を休んで、海外旅行に行っている投稿。新居探しに勤しんでいる投稿。仕事を辞めて、新しい職場に入った投稿。

他の誰かから見れば、ごく普通の投稿だ。それに、友人からの「頑張ってね!応援してる!」の声や「海外羨ましい!たまにはハメはずさなきゃね」みたいな肯定的なコメントが並んでいる。

しかし私は、全部それを否定的に捉える。

「仕事休んで海外? いいご身分だこと。」

「もう仕事辞めたんだ。前からなんでも長続きしない人だった。」

そんな風に、勝手に自分の中で「あなたってダメな人」と、レッテル貼りを単調に続けてしまうのだ

別に、相手に攻撃的なコメントをするわけでもない。誰かに「この人嫌い!」と言って回るわけでもない。ただただ、自分の中だけで「この人はやっぱり嫌い」「この人は相変わらずだ」と確認したい。確認したからって何か変わるわけでもないし、もちろんよくない心理だということもわかる。でも、やってしまう。

そんな、意味のない行動や、人に対する陰湿な気持ちを持ち続けている自分にも、ほとほと嫌気がさす。

嫌いなら、関わらなければいい。見なければいい。ブロックしたり、ミュートしたりすればいい。

でも、私はいつも、そういうことができない。それはたぶん「相手を嫌ってもいい」と、心の奥底から思えないからなのではないか。

人のことを嫌いになってもいいのに。

「嫌いな人のSNSを見てしまう」と言っている時点で、相手を嫌っていることは明白だ。しかし、その反面「嫌いになってもいい」とは思えていないのだ。

相手を嫌いだと思う箇所を探して「やっぱり嫌い」と確認する。反応のない投稿を見て「ほら、いいねも少ない」「やっぱり、私よりこの人の方が下だ。」と確認している。

確認してしまう、ということはおそらく「私はこの人のことを嫌ってもいい」と思えていないのだ。

例えば「嫌いだと思う人の特徴は、自分の欠点を反映している」「嫌いという感情は嫉妬心の現れ」なんて言葉をよく耳にする。

もちろんそういうケースもあるし、自分が気付いていないだけで、実は相手も自分も同じような欠点をもっているのかもしれない。

でも、私の場合はやっぱり「人を嫌ってもいい」と思えない心が原因なんだと思う。

誰かのことを嫌いながら生きていくのは、時間のムダだし、人を憎みながら生活していても幸せになれない。そんな言葉は嫌と言うほど聞いてきた。

でも、そうやって「人を嫌ったり、憎んだりしてはいけない」と言い聞かせられ続けてきた結果が、こういう陰湿なSNSチェックだ。

誰にもわからないところで、ひとりで「この人嫌い」って思っている。表では「人を嫌いだと思うことなんてありません。自分を傷つけた人や、嫌な思いをさせた人だって、完全な悪い人ではないんです。」なんて風を装いながら。

自分の中のネガティブな感情、黒さ、陰湿さ……そういう「いじわるな心」は誰でも持っているはずだ。でも、それを表に出すのを許されることは少ない。

人の悪口を言ってはいけない。嫌な思いをさせられても、その相手のことは「かわいそうな人だ」と思ってやりすごそう。

そうやっていつもいつも、表面だけ美しく取り繕って「私はいい人ですし、これからもいい人でいたいです」と言い続けてきたから、今こういう風になっているのではないだろうか。

人に対して、表面的な攻撃をしない人は確かに優しい人なのかもしれない。人を傷つける人間には、なるべくなりたくない。でも、私はいつも「いじわるな心」を自分の中にもっている。っていうより、溢れているかもしれない。

でもなんだか、最近思うんだ。

「いじわるな心、大事だろ」って。

いじわるな心には本当のことがつまっている

誰にも言えないいじわるな心には、本当のことが詰まっていると思うのだ。でも、それに気づく人ってそもそも少ない。自分をやんわり否定してくる言葉とか、相手からの軽いマウントやちっちゃいプライド……そういう心の闇がじわっと漏れてくることに気づける人は、少ない。

そういう小さな違和感に気づける人は「こんな小さなことで相手を嫌いになっちゃだめだろう」「他の人は、あの人のことを嫌いだと思っていなさそうだ」という気持ちから「自分の気にしすぎ」「自分が神経質なだけ」という自責を繰り返す。でも、嫌なものは嫌で、その感情は消すことができない。でも言えない。この繰り返しだ。

「誰にも言えないこと」って、ものすごくダークで深いタイプか、ひとつひとつが小さすぎて人に言いにくいタイプのどちらかなんだ。

そこそこひどくて、そこそこ軽い傷ってものは、けっこう笑いのネタになったりするし、愚痴として吐き出しやすかったりする。

「それは嫌いになっても仕方ないよ~!」と共感してくれる人のストライクゾーンが広いからだ。

ダークで深すぎる悩みは、気軽に話せるものでもないし、話したくもないという場合が多いので例外としておこう。

そうすると、ひとつひとつが小さくて人に言いにくいという悩みは、日常に隣り合わせなのに、けっこう根深く残るものだということになる

そんなことで人を嫌ってはいけないという良心や、自分だってその程度の欠点いくらでもあるだろという自責の念。

そういうものがいっぱいいっぱいになって、いじわるな気持ちが自分の中に根差してしまう。嫌いな人のSNSを見て「この人嫌い」って確認する作業は、私の中でこの、コツコツ積み重ねてしまった小さい「嫌い」の吐き出し口なんだと思う

そう思ったら、それくらいやってもいいんじゃないかとさえ思う。

自分が嫌な思いをした事実を無視しても、結局吐き出し口はどこかにできてしまうのだ。ひとつひとつは小さなことで、話題にするほどのことでもない。明確な理由はないけどなんとなく鼻につくとか、顔が嫌いとか、楽観的で幸せそうでムカつくとか、ポジティブすぎて目を当てられないとか、そういう理由で人を嫌うことだって、ある。理由なんかなんでもいい。

本当は「自分はこれが嫌い!」って思っていいんだよ。

それが、自分の中だけで完結していて、たまにその人のSNSを見て「バカだな」って思うくらい、いいじゃないか。相手を侮辱しているわけでもなければ、誰に迷惑かけているわけでもない。自分の時間がその人のことでちょっと減るのは確かだけど、そんなことまで誰かに「そうやって生きてちゃダメだよ」なんて言われたくない。それでいいんだよ、嫌いって思っていい。

誰にも見えない心の底にまで蓋をしなくていいと、私は思う。

そんなこんな、くだらないことを考えているうちに、きっとその人のことなんか忘れちゃうさ。/Kandouya編集部

おすすめ書籍《トラウマ・HSP・アダルトチルドレン》

スポンサーリンク

Return Top