kandouya

ネガティブ/マイノリティ専用WEBマガジン

彼氏をぞっこんにさせるために頑張る女性は、その時点で無理している

彼氏を自分にぞっこんにさせる!と考えているあなたへ

大好きな彼氏にもっと自分を好きになってほしい!今より、もっともーっと愛されたい!

そんな風に思って、試行錯誤している女の子はあなただけではありません。日本中、世界中の多くの女の子が「どうすればもっと愛されるの?」と、物思いにふけっています。

でもね、その「もっと愛されたい!」という思いは、どんどん自分を苦しめて、つらい恋愛へと変っていくことを知っていますか?

彼氏に「追いかけられたい」と無理してない?

彼に自分を追いかけさせるために、無理をしていませんか?

恋愛するなら、追いかけるより追いかけたい派?それとも、追いかけられるよりも追いかけたい派?そんな質問が女子たちの間では飛び交っています。そして「愛する彼に追いかけられたい!」と切望する女の子はとても多いのが現状です。

そもそも、追いかけられたいってどういうことなのでしょうか?自分が彼を愛してるよりも、もっともっと強い愛情をもらいたいということ?なんだかそれって、全然対等じゃないし、自然な恋愛ではないように見えます。

[ad]

彼氏をぞっこんにさせたいのは、自分のためでしかない

「彼氏が自分にぞっこん」という状態は、自分が相手に与える愛情よりも、もっともっとたくさんの愛情をかけてほしいということです。あなたは当然、彼氏のことが好きですよね。とすると、あなたの愛情は100%です。追いかけられたい、ぞっこんにさせたいとなると、相手からは120%、150%の愛情が欲しいということになります。

それって、どういうことだかわかりますか?

あなた自身の心が満たされていないということです。100%じゃ足りない!まだまだ足りない!そう思うのは、あなたの心に埋められない穴が開いているから。

「私に夢中」ということを自信に変えたいのでは?

彼氏が自分に夢中であること、困っちゃうくらいに追いかけられたいと思うのは、あなた自身の心が満たされていないからではありませんか?自分に自信があって満たされている実感があると、夢中になってグイグイ追いかけてくるような男性は「うっとおしい」と感じるものです。

あなたは、彼のことが好きなのですか?それとも、自分を好きだと言ってくれるから彼が好きなのですか?

「〇〇だから好き」という間違った認識

追いかけられているほうが幸せと感じる人は、彼氏に対して「〇〇だから好き」「〇〇してくれるから好き」という条件付きの愛情を求めていることがあります。

例えば…

  • 優しくしてくれるから好き
  • プレゼントをくれるから好き
  • 何でもわがままを聞いてくれるから好き
  • いつも向こうから誘ってくれるから好き
  • 向こうから連絡をくれるから好き

これらはすべて、~だから好きという条件付きの愛情です。こういう人の愛し方をしてしまうと、ちょっとしたことで「なんで〇〇してくれないの?」「〇〇してくれないってことは、私のことが好きじゃないの?」と、すぐに不安になってしまうのです。

ささいなことで不安になったり、じゅうぶんに愛されている実感が持てない。それはやはり、あなた自身の心の中にぽっかりと穴が開いてしまっているせいかも。

ぞっこんにさせたい=ぞっこんなのはあなた

「彼氏をぞっこんにさせい!」という願望がある時点で、強い気持ちを持っているのはあなたのほうである可能性が高いといえます。すでにじゅうぶん愛されているという実感があれば「もっと愛されたい!」とは思わないはずですよね。

追いかけられたいという気持ちがある以上、あなたの欲求は満たされません。恋愛において大切なことは、追う・追わないではありません。お互いが心地よく一緒にいられる環境を整えること。そして、その時々で必要な愛情表現や思いやりの気持ちをもつこと。

なんだかとってもキレイゴトみたいだって思いますか?でも、追いかけたり追われたりするような恋愛は、すぐに疲れてしまいます。彼にとっても、もちろんあなたにとっても。

どうしてそんなに頑張るの?

あなたはどうしてそんなに、彼に追いかけてもらいたいのでしょうか?どうしてそんなに頑張っているのですか?

この世の中に星の数ほどいる彼に、あなたは選ばれたのです。それは、とても運命的な確立であり、喜ばしいことです。それでもなお、愛情に飢えていると感じる理由は、なんでしょうか。この原因を突き止めることや、自分の心を知ることが、つらい恋愛からの脱却につながります。

あなたはそんなに頑張らなくてもいい。本当は、ぞっこんにさせたい!なんて気張らなくても、自然に、軽やかに恋愛を楽しめたらと思いませんか?

「彼氏をぞっこんにさせる」という発想は危険!?

実は、彼氏をぞっこんにさせるという発想は、危険ともいえるのです。女性なら一度は好きな人にガンガンアプローチされてみたいもの……そんな風潮が世の中にはあります。でも、そんな当たり前のような「勘違い」が、多くのつらい恋愛やこじらせ女子を生み出していることを、知ってほしいのです。

[ad]

彼氏・彼女は対等でなければおかしい

恋愛は、男女が対等でなければ長続きしません。仮に、彼に追いかけられている実感があったとしても、それはいつまで続くのでしょうか。付き合いだして、何年も経って、結婚して……そんなにずっと、追いかけてくる男性はいません。

駆け抜けるような恋、燃えるような恋に憧れる気持ちはあっても、それが長く続く安定的な関係につながるかというと、けっしてYESとはいえません。

また、愛情に差をつけて、その差を楽しむような恋愛はとても不自然です。

無理な駆け引きは心を引き離す原因になる

少々残酷なことを言いますが、駆け引きが通用するのは「ダメ男」や「頭のねじが飛んでいる男」だけです。頭のよい人、人間ができている大人の男性は、駆け引きを嫌う傾向にあります。

  • 彼からのメールの返事をわざと遅らせる
  • 絵文字を入れない・そっけない返事をする
  • 他の男性の気配をにおわす
  • 「別れたい」など、相手の気持ちを探るような嘘をつく

このように、駆け引きや相手への「試し行為」をしている人は要注意。本当に人間的に成熟した男性は、このような駆け引きを面倒に感じ、うっとおしく思うことも。さらに、あなたの本当の気持ちを見透かして「自分には合わない」「重い」と感じて離れていく可能性もあります。

問題は、素直に「愛されたい」といえないこと

あなたが今本当に問題視しなければならないのは「彼氏が自分にぞっこんでない」「追いかけられていない」ということではありません。

彼に対して「愛されたい」「愛情表現をしてほしい」という、素直な気持ちが言えないことです。思っていることや不安なことを言えないのはなぜでしょうか?ありのままを話すのは怖いという恐怖心、本当の自分を見せるのが怖い不安感……、見捨てられたくないと思う気持ちではありませんか?

恋愛や結婚において、いちばん大切なのは「本当の気持ちを話す」ことなのです。隠したり、表面だけを繕っても絶対にうまくいきません。本当の気持ちは隠しても、駆け引きやテクニックを使えばうまくいくと思っていませんか?残念ながら、その方法でうまくいくことはほとんどありません。

彼氏をぞっこんにさせる方法なんてない!?

彼氏をぞっこんにさせる方法、相手に追いかけてもらう方法は、ありません。他人は自分の思うとおりには動きませんし、現状を変えたいのなら自分が変わるのがいちばん早い方法です。あなたが選んだ大切な彼と、この先もうまくやっていくために、あなたの凝り固まった固定観念を壊していきましょう!

強いて言うならあなたが恋愛に依存しないこと

彼氏に愛されているか不安になるあなたは、恋愛依存に陥っている可能性があります。

【恋愛依存とは?】恋人や「付き合う」という関係性に依存している状態のこと。恋愛関係に異常な執着心があり、相手をコントロールしたり、監視したり、束縛したりすることがある。ありのままの自分を受け入れる「自己肯定感」が低く、恋人に対しての見捨てられ不安を感じている。

彼氏がいないと生きていけない、特定の人に必要とされないと生きられない……そんな寂しい気持ちが、この「ぞっこんにさせたい!」という支配願望の下に眠っています。

あなたの価値は、彼氏に必要とされることや過剰に求めらることではありません。あなたは、日常をただ普通に生きているだけで価値があるのです。彼氏があなたにぞっこんでなくても、例え彼氏がいなくても、あなたにはあなただけの価値があります。恋愛依存に陥っているかもと感じた方は、今までの恋愛を振り返り、同じようなパターン、同じような考えを繰り返していないかもう一度考えてみてください。

愛情表現は人によって大きく違う

愛情表現の方法や、そのアクションの仕方は人によって大きな差があります。例えば、あなたのことを四六時中「好き!」「愛している!」と言いまくるからといって、最大の愛情を持っているとは限りません。やたらに好き好きという人に限って、本当は別に女性がいるということもよくある話です。あなたをもてあそんでいる罪滅ぼしに、やたらに言葉をかけるということもあります。

男性は口下手で不器用です。生まれながらにして、女性のように思ったことを言葉で表現するのが苦手な性質をもっています。だから、例え愛の言葉が少なくても、その言葉と愛情の大きさは比例しないのです。

また、忙しくて会う頻度が少なかったり、連絡が途絶えがちである場合も同じです。恋人とは毎日会いたい人、週に1回で良い人、1ヶ月に1回でも良い人……いろいろな価値観を持った人がいます。この価値観はお互いすり合わせていくことが必要。彼氏をぞっこんにさせて、毎日でも会おうとするのは、あなたの価値観や満たされない欲求を、彼に押し付けていることになるかもしれません。

あなたがありのままのあなたを知るべき

恋愛は、親子の愛ととてもよく似ています。親子関係、家族関係で「満たされない」「寂しい」思いをして育った人は、恋人に親からもらえなかった愛情を求めてしまうことがあります。

子供時代を子供らしく過ごせなかった人のことを「アダルトチルドレン(AC)」と呼びます。ACは、幼少期のコンプレックスを知らないうちに恋人に求めてしまうことがあります。

ACは恋愛依存に陥りやすい傾向にあり、これが「いつも恋愛がうまくいかない」「彼氏がいても不安がつきまとう」など、深刻な恋愛コンプレックスにつながっているとがあるのです。

まずは、彼氏のことをいったん忘れて「あなた自身」の心と過去を振り返ってみてください。あなたには、ありのままで愛される自信がありますか?自分が好きだと思えますか?

女性が頑張り過ぎるのは、もはや「恋愛」ではない

日本には、女性が男性に尽くす文化というものが根付いていました。男性を立て、散歩下がって、三度三度の食事を用意して……

そんなものは古いと思っているかもしれませんが、男性に「追いかけられたい」「ぞっこんにさせたい」というのは、実はこの文化の裏返しなのかもしれません。女は追われてなんぼ!彼氏にぞっこんに思われるのが女の幸せ!そう思っていませんか?

あなたの幸せは、彼氏ありきではありません。彼氏の基準を中心に、あなたの価値を決めてはいけないのです。

女性が一方的に頑張るのは「尽くすこと」も「追いかけさせる」ことも、本質的には同じ。男性の基準を気にせず、自分が自分のままでいることが、いちばん大切なのです。

無理しなくていいよ。自然なあなたが何よりも愛される

もう、無理な恋愛はしなくていいんです。今の彼があなたのことをどのくらい愛しているかはわかりません。でも、数えきれないほどの男女が存在する中で、適切なタイミングとフィーリングが合わさっただけでも、素晴らしい奇跡なのです。

これ以上愛情が欲しいと思っても、その思いはエスカレートするばかりで、この先も満たされません。相手に与えてもらうのではなく、あなたがあなた自身の魅力に気付き、自分を愛してあげてください。あなたの心の中にあるコップに、水をひたひたに入れてあげてください。最初は難しいかもしれませんが、自分の心を知り、自分を愛することが、素晴らしい恋愛のスタートになるのです。

 

おすすめ書籍《トラウマ・HSP・アダルトチルドレン》

スポンサーリンク

Return Top