kandouya

ネガティブ/マイノリティ専用WEBマガジン

ネガティブあるあるを大放出!ネガティブな人の取り扱い説明書付き。

ネガティブな人なら共感できる?あるあるな思考&特徴

 

ネガティブな人、ネガティブな恋人がいる人なら共感できるかもしれない!?

「なんでそんなに後ろ向きなのー?」と自分でも思ってしまうけれど、それでもネガティブになってしまう人あるある。この記事を読み終える頃に、あなたは何を思うでしょう。

ネガティブあるある:存在価値をとりあえず否定。

ネガティブな人は、自分の存在価値をとても低く見ている、または見つけられないことが多いです。基本的に「なんで自分はここにいるんだろう?」と空虚な気持ちを抱えていたり、なんのとりえもない人間だと思い込んでいることも。

だから、自分のことを「好き」と言ってくれる人に対してもすんなり受け止められないのです。「え?どこが好きなの?なんで?」と否定的に捉えたり、「どうせ今だけなのに」と先回りして諦めたりします。

恋も友情も”形あるものなんていつか壊れる” これ、合言葉です。

[ad]

ネガティブあるある:心のシャッター閉じるの秒速。

ネガティブな人の心のシャッターは締まるのがものすごく早いので、「この人とは合わない」と決めつけるともう二度と関わろうとしません。実際はそれほど知ったわけではないパターンも多いですが、ガシャンと下ろした後はとても頑丈。

表面的には普通に接しているように見せることもあるため、「じゃあ、また~」と笑顔で別れた後に急に音信不通になったり、既読無視からのブロックもあります。こうした突発的な行動によって、ネガティブではない人から見ると「メンヘラ!?」「意味不明」なんて思われることもしばしば…。

しかし、悪気は基本的にないのです。「嫌い」と思ったのではなく、「この人とは合わない」と感じただけ。嫌われる前に自分から去る。ネガティブな人の特徴です(自分に自信がないのでそっとしておいてあげてください)。

ネガティブあるある:裏の裏の裏あたりまで勘ぐる。

ネガティブ思考だからこそ、人間不信も絡んでいるために素直になれないのです。

たとえば初対面で、とても感じよく親切で優しい人に助けてもらったとします。

それでも、その「優しさ」の裏に隠された別の意図を勘ぐったり、一歩引いてしまうのです。「卑屈」「ひねくれてる」なんてすでに自覚済み。だって怖いんだもん、仕方ないんです。

その代わり、本当に優しいんだぁ!と感じた時にはその人のことが大好きになるし、信頼したいと感じます。

ネガティブあるある:パリピでまじ卍な人とは友達になれない。

ネガティブであると同時に、コミュ障である人はかなり多いでしょう。

大人数の輪の中に放り込まれても喋ることができない、だんだん黙り込んでしまいます。

心の内側もオープンになんでも話し、明るく笑い飛ばすことが自然にできないのです。だから「名前は?歳は?仕事なに?何が好き?今度ごはん行こうよYeah」というノリが早い友達は苦手!!

ちょっ、ちょっ、待ってムリムリムリ!と思い、一刻も早く帰宅したいと感じることも。そしてあとから「あー絶対に、何あいつ?絡みづら!って思われた。あ~あ。」と悪の妄想も膨らみます。

でも、心の片隅ではちょっとそういう友達に憧れているかもしれない?

ネガティブあるある:全世界レベルでみんな敵。

何か嫌なことがあると、世の中に味方は1人もいないとばかりにマイナス思考に入り込みます。ブラックホールです。もちろん「そんなはずはない」という気持ちもあるけれど、どうにもこうにも前向きに考えることができません。

こうなってしまうとどんな優しい言葉もきちんと耳に入らなくなったり、逃げるようにSNSから消えたりします。浮上するまでに、一般的な人の何倍も時間がかかるのがネガティブさん。

「もう消えてなくなりたい」「(本当に死にたいわけではないけど)死にたい…」とその時は本気で考えます。やり場がなさすぎてSNSで呟く人もいるでしょう。それなのに「死にたい詐欺してんじゃねえよ」と突如湧いてきた見ず知らずの人に叩かれたりしてさらに追い込まれます。

ネガティブあるある:仕事でちょっと失敗すると立ち直れない。

ネガティブな人は仕事でミスをして怒られると、立ち直れないほど凹みます。まるで自分は生きている価値がないと宣告されたような気持ちになるのです。自分でも嫌だと思っているし、そんな考え方はダメだとわかっています。

しかし同僚や先輩、上司などからは「切り替えが下手で扱いづらい」なんて陰口をたたかれることもあるでしょう。「仕事なんだから割り切って、ちゃんとして」という意見は至極真っ当かもしれません。

とはいってもネガティブさんは、正論と自己否定のはざまで、泣きそうなのをこらえ帰宅しているのです。

【ネガティブに囲まれてます】私が「ネガティブな人が大好き」な理由

ネガティブあるある:全世界レベルで1位にしてくれる人と付き合いたい。

ネガティブな人は恋愛でもその才能を存分に発揮します。自分に自信がなく、少しでも他の女の人に目がいっていると思うと嫉妬して苦しくなるからです。だから付き合うなら、何よりも自分だけを愛してくれる人がいいと願ってしまいます。

不安になりたくない、傷つきたくないから。絶対に不安になりたくないんです。(二回目)

だから、不器用で一途過ぎるほど一途です。

ネガティブあるある:すぐ「承認欲求うざい」って言われる。

ネガティブな人は「承認欲求うざ」などと言われがちですが、それに対してもショックを受けています。また、構って欲しいんだろと言われるのも嫌です。嫌なのですがそう言われてしまいます。

ネガティブあるある:人間は嫌いでも捨て猫は確実に拾って帰る。

ネガティブな人にとってほっておけない存在……。捨て猫などのあきらかにか弱い者を見てしまうとほっておけないネガティブさんは多いです。自分と重ねてしまうのでしょうか!?

[ad]

ネガティブあるある:拾った捨て猫は確実に育て上げる。

拾ったからには責任を持って育てます。そうしているうちに、いつの間にか愛しのにゃんこちゃんが毎日を癒してくれるように。「誰も信じられないけど、お前だけは裏切らねえ。」

ネガティブな人の正しい取り扱い説明書

1.ネガティブに愛があるなら:人格を認めてください。

ネガティブにも度合いはありますが、ネガティブな感情やそういった人に少しでも愛を持てるなら、人格を認めてあげましょう。全面的に肯定しろとは言いません。ですが否定をしないで欲しいのです。

そして友達でも恋人でも、好きだったり大切な人がネガティブだったとしたら、もう少し深く考えてあげてください。ネガティブ=うざいではなく、なぜネガティブになってしまったのかな?と考えてあげてください。

たとえ理解できなくてもかまいません。そんな風に考えてくれる人が1人いるだけで、ネガティブな人の心は楽になります。

「人格を認める」スイッチを押すと、ネガティブな人はこの先何十年でもあなたの味方になります。あなたが悲しい時は共に泣き、あなたが嬉しい時は共に笑ってくれる、新しい機能が追加されます。

2.ネガティブが嫌いなら:何も言わずに去ってください。

ネガティブな人が身近にいると、「一緒にいるこっちまでしんどくなるわ」「いちいちフォローしてあげなきゃなんないの?」「疲れる」と感じることもあるでしょう。

この場合は、表面的に仲の良いふりをしてそばにいるより、自然に離れてあげましょう。

ネガティブな人には標準機能として嘘をつかれても「本当は好かれていない」と感づくセンサーが搭載されています。そしてそばにいる人がしんどいと思うこと自体が、さらにネガティブな人の自己肯定感を下げ、故障のリスクを高めます。ですので、心に嘘はつかないようにしてください。

「私のせいで」と繰り返しエラーが出る前に、好きとも嫌いとも告げず「フェードアウト」スイッチを押して、自然に去ってください。これを使うとネガティブな人は一時的にショックで熱を帯びることがありますが、水などをかけずに気づかないふりをしてあげれば時間と共に元に戻ります。

※注意点……中途半端に離れたり戻ったりすると依存してしまうことがあります。

3.ネガティブになることにもちゃんと理由があります。

「ネガティブな人」はとても傷ついています。

それは製造・開発された際の製造元で何度も乱暴、故障、修理を繰り返されてきたからです。何度も何度も傷つきながら、時代の進化によってその傷をコーティングする特殊な塗料を塗られ、一見するとわからない姿で世の中に送り出されることが可能になってしまいました。

しかし元はとても傷ついているため、安心してそばにいられる人と出会った時には「弱さ」が見えてしまうエラーが起こるようになっています。このエラーを修理できるのは、残念ながら製造元ではなく、そばにいる人の愛情であることが研究によって判明いたしております。申し訳ございませんが、ぜひ返品の前に修理の検討をしていただきますようお願いします。

ネガティブあるある:自分なりに一生懸命生きてる。

今回はネガティブな人あるあるを取り扱い説明書付きで記事にしました。

ポジティブだったり、ネガティブな人に抵抗のある人にとってはわからないことかもしれません。しかし、ネガティブな人にとってはこのような「あるある」は日常茶飯事なのです。

確かに時と場合によっては重たくて面倒な存在になるでしょう。メンタル弱すぎ!!と見ているだけでイライラする人もいるかもしれません。それは、ネガティブな人が悪いわけでもポジティブな人が冷たいわけでもありません。

これは心の弱さを隠し、強く美しくあることが正しいように思われている世の中の風潮のせいです。自己犠牲が美しい時代はもう終わりを迎えています。それと同時に、個々が認められ、どんな人でもその人らしくあれる世の中へと進んでいます。

いや、どうか進んでいって欲しいですね。「ネガティブだから○○」「ポジティブだから○○」と、良い・悪いを決定づけられないように。/kandouya編集部


ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力 (朝日選書)

ネガティブってそんなに悪い?ネガティブも必要と言える「6つの真実」

[ad]

おすすめ書籍《トラウマ・HSP・アダルトチルドレン》

スポンサーリンク

Return Top