kandouya

ネガティブ/マイノリティ専用WEBマガジン

理不尽さを見逃せない…!HSS型HSPと仕事・人間関係のお悩み

こんにちは、Kandouya編集部です。

読者の方からのお悩みをいただきましたので、記事にさせていただきますね。

HSS型HSP(外向型HSP)の気質を自覚される方からのお悩みを多くいただきます。今回は、HSS型HSPの気質と仕事・人間関係のお悩みです。

今晩は。HSPの事を知り、こちらのblogにたどり着いた者です。質問と相談宜しいですか?

本屋さんでたまたまHSPの本を見つけ読んだらまんま自分でした。凄く、音・匂い・人混み・緊迫した雰囲気・などが、かなり苦手でした。人も好き何だけど、心の底ではとても怖く感じでいます。

仕事自体は好きなのですが、どうしても人間関係に敏感に反応してしまって、結局続かない感じです。今まで、介護・販売・接客をやってきたのですが、どうしても、続かないです。友達関係もそうで、結局一人になってしまっています。

どうしても、心の距離が近くなると怖くなってしまいます。だから、相手が受け入れ体勢??をとられても困ってしまいます。正直、一人で全然大丈夫なので‥‥‥‥‥‥。

また、HSSも入っていると自分では思っています。例えば、最初挨拶もしてくれない人がいると無視してしまったり、職場で、おばさんにとかにイビられるとHSPもあるのですが、HSSもあって反撃?抵抗みたいな行動をしてしまいます。例えば、教えても貰ってない事を、「やらなきゃいけないのよ~」とか何日も嫌味たらしく言われると、それをやってしまったりしてしまいます。一応前職と同じ仕事内容なので出来たのですが、良く考えると可笑しいですよね‥‥‥‥‥‥。

それで結構目をいつもつけられてしまっています‥‥‥‥‥‥。静かにコツコツ仕事をしたいだけなのですが、どうしても悪目立ち?をしてるように思っています。正直、仕事出来ないのに何も目をつけられない人とかいると思うですが、何で何も言われないだろう‥‥‥‥‥‥??と思ってしまいます。また、私がミスすると結構、注意されるのですが、他の新人が同じミスをしても注意の仕方が軽い気がします。

昔から、「貴方は、言いやすい」って友達にも、職場の人にも言われた事があります。どうして何でしょうか‥‥‥‥‥‥。友達ならある程度、分かりますが、仕事場は特に、自分は深く話したりしてるつもりはありません。

正直、またまだ色々かなり人間関係で悩んできました。仕事自体・友達・家族などは好きなのですが、どうしても深く関わると喧嘩とかになるの怖いです。

前月から、新しい職場なのですが、距離をおき立ち振舞いを知り合いから教えて貰ってこんな感じです‥‥‥‥‥‥何がいけないでしょうか‥‥‥‥‥‥?正直、ずっと似たような事が起こっているので自分が悪いと思っています。

何か、アドバイス的なものありましたらお願いしたいです。

投稿者S・Tさん

お名前がご本名かHNか判定できなかったので、ここではS・Tさんと表記させていただきますね。

理不尽なこと、筋の通らないことを無視できない

仕事や人間関係の中では、どうしても「理不尽なこと」や「筋の通らないこと」があります。正解・不正解ということはなかなか言えないので難しいですが、HSPの特徴として「本質を見抜く」という点があげられるんです。

本質を見抜くってそもそもどういうことなのか……というと、根本的な問題を見極めたり、本当に大事なことを理解したりするということなんですね。そして、それをときどきズバッと言えてしまう人や、ささやかな抵抗をしてしまうようなこともあります。

今回の話でいうと、ただただ静かにコツコツ仕事をしたいだけなのに、なぜか目立ってしまうというところですね。S・Tさんはそれを「悪目立ち」とおっしゃっていますが、個人的には単純に理解度が高かったり、仕事の経験が豊富だったりするだけだと思うんです。

私はネット上で文章を書いたり編集したりする仕事をしています。その中で他のライターさんに指導したり、フォローしたりする業務もあるのですが、正直に言って「この人にこの指摘をしても、まだできないかもしれない」と思ってしまって、スルーすることも結構あります。

一方、先ほどの人よりも能力は高いのに「この人にならこれを教えたり、ここを指摘してもちゃんと理解して次に活かしてくれる」と思う人には、細かい指導をすることもあるんですね。だから「仕事ができないのにミスを指摘されない」という現象は、おそらくS・Tさんができる人だからに他ならないと感じてしまいます。

ただ、私の業種とS・Tさんの業種は違います。私のようなフリーの仕事は、個人が頑張って実力をつけることで、他の仕事につながったり個人の評価がお金になりやすい業種です。しかしS・Tさんの職種の場合は、給料や仕事内容などの条件は同じなのに、能力によって求められることが違うのは理不尽ですよね。悔しいし、おかしいと感じて当然です。そこは、もっと上の指導者さんの問題であって、S・Tさんが目立ってしまうことに原因があるわけではないのでは……と感じています。

自他の境界線をしっかり意識してみる

その他人間関係、友人関係でも同じようなパターンで悩み、人と関わるのが怖くなってしまうということ。

たぶん、S・Tさんとっても魅力的な人なのではないでしょうか。たとえば、こっちにその気がないのに受け入れ体制をとられてしまうとか「あなたには言いやすい」などといわれてしまうこと、それもS・Tさんが魅力的で、仲良くなりたい存在だからなのかもしれません。もしくは周囲の人が無意識のところで「この人はわかってくれる」という気持ちがあって、それに甘んじてしまうということです。

でも、S・Tさんは無理にその気持ちにこたえなくていいんですね。自分が本当に大事にしたい人以外は、好かれる必要などない。

そう振り切るためには、外で起こった理不尽なこと、おかしなことを、心の底から愚痴って「なにそれ!?絶対おかしいよ!」と心から共感してくれる安全基地があるといいのかなと思います。

愚痴ってはいけないとか、周囲を悪く言ってはいけない……なんてことはないと思っています。誰彼構わず愚痴を言って回るわけではないので、嫌なことは嫌!おかしいことはおかしい!と吐き出す場所をちゃんと作ってみてください。

HSPと過去の傷ついた経験

HSPは過去の傷を引きずりやすかったり、深く考えすぎるために「自分が悪いのでは?」という自責に走りやすいです。

しかし、いろいろな思考を巡らすことによって「傷ついた」という自分自身の気持ちを押し込めてしまうことがあるように感じています。

嫌なことを嫌と言えない、おかしいことをおかしいと言えない、もしくは言ってはいけない……。そんな風に、吐き出し口がないままずっと心にとどめておくことも多いと思います。

自分の感情を抑圧すると、嫌なできごとを長く引きずったり、新しい出来事や関係性も過去の記憶と紐づけして「同じことが起こるのでは」という風に無意識に反応してしまうこともあるのではないでしょうか。

既にこうして、深く考え、悩み、自分を客観的に見る力がある方ですから、大丈夫だと私は感じます。今回のように、こうして文字に書き起こすことで自分が何に悩んでいるか見えてくることもあるし、誰かと話すうちに何を大事にしていけばいいのかが見えてくることもあります。

決して「自分が悪い」「悪目立ち」というように、自責に走らないでほしいということと、周囲と自分の境界線をビシッと引くこと。安全基地を作ること。こんなことを意識してみると、少し生きやすくなっていくのではないかなと感じました。

私どもの返答に、参考になる情報が少しでもあれば、幸いです。メッセージ下さって本当にありがとうございました!/Kandouya編集部(夏野 新)

Kandouyaラジオでも、こちらのお悩みについてお話していますので聴いてみてくださいね♪

[ad]

おすすめ書籍《トラウマ・HSP・アダルトチルドレン》

スポンサーリンク

Return Top