kandouya

ネガティブ/マイノリティ専用WEBマガジン

【ネット恋愛のトリセツ】休日引きこもり大好き、フットワークの重いあなたでも、うまくいく恋ができるように。

ネット上の相手に、恋愛感情を抱くってどうなの?

SNSやマッチングアプリなど、今やネットを通じた男女の出会いは珍しいものではなくなりました。

でも、やっぱり日常生活における恋愛と、ネット恋愛はちょっと違う…。分からないこと、見えないことが多すぎて、本当にこのまま進んでも良いのかと不安に思っていませんか?

例えネット恋愛でも、あなたは本気で彼を好きだと思っているでしょう。しかし、ネットという場所の重要度や存在感というものは、人によって違います。

自分がネットを重要な生活のツールであり、心のよりどころでもあると思っていても、相手はどうか分からない。彼はネットの中の人をどのくらい大切に思っているのかも分からない。「ネットの相手」が自分にとってどの程度大きな存在なのか、というのはそれぞれで大きく違ってくるものです。だからそこそ、普通の恋愛よりもややこしい。

ネットでも、本当の恋人に出会えるのか。今あなたが好きな人、本当に恋人になれるのか。そんな「ネット恋愛」に不安を抱えるあなたに向けてのお話です。

ネット恋愛のメリット

ネット恋愛には、いくつかのメリットがあります。普段の生活ではなかなか味わえない、エモーショナルな恋愛がネット恋愛の魅力です。

メリット①:感性で繋がることができる

ネット上で人と繋がるとき、あなたは「感覚や波長の合う人」を求めているのではないでしょうか?

ネットで友達を作ることの意味は、現実世界ではなかなか得られない感覚での繋がりにあります。例えば、普段の生活での出会いというのはまず、環境や状況が先です。毎日職場で会うとか、通勤電車が同じであるという「環境」で先に繋がります。ここには「単純接触の法則」という心理学効果が働いています。

毎日毎日、同じ人に繰り返し接していると、その相手に対して好意的な印象を持つようになるということ。この場合、頻繁に会うから好きになるのであって、感覚や波長が合うから好きになるわけではありません。

しかし、ネットには必ず毎日接触しなければならない人はいません。この広いネットの世界で、毎日自動的に接触を持つという状況はあり得ないのです。特にTwitterやInstagramなどのSNSは趣味嗜好や感性がよく表れ、感性の合う人や波長の合う人との接触が多くなります。したがって、異性とも「感覚的にピッタリ合う人」に巡り合いやすいということになります。

メリット②:しがらみがない

ネット恋愛の一番のメリットともいえるのが、しがらみがないことです。「関係を切りたければすぐに切れる」「一生会うこともない相手」ということ。

これはすぐに関係を切れるというデメリットに感じるかもしれませんが、そうとは限りません。

しがらみがない相手だからこそ、本当の自分をさらけ出したり、普段は見せられない自分の素を見せることができたりすることもあるのです。どうせ一生会うこともないからという開き直りの気持ちが、本当の自分をさらけ出すことになる……。すると必然的に、ネット上の付き合いはとても居心地がよいものとなります。

相手に気を遣うこともない、そして自分を飾ったり良い人であろうと背伸びしたりしない。現実世界で気を張って、生きづらさを感じている人こそ、ネットがくつろげる場所になっていったりもするんですよね。

メリット③:出会いの数や選択肢が増える

ネット恋愛に国境はありません。言語さえ通じれば、全世界の人と繋がることができる。世界とまではいかなくても、日本中どこに住んでいても誰かと繋がり、話すことができます。

現実世界では、こうはいきません。今日あなたは、外で何人の人と話しましたか?2~3人の人としか会話をしない日、家族以外の人とは一切会話をしない日もあるでしょう。

出会いが広がることや、ネットがなければ知り合うこともなかった、その人が存在することすら知らなかった人と、話せる。これはやっぱり、ネット恋愛の最大のメリットといわざるを得ません。

ネット恋愛のデメリット

ネット恋愛を語る上で、デメリットについてもしっかり触れなければなりません。少し耳が痛いようなこともあるかもしれませんが、良い恋愛関係を手に入れるためにも、しっかり目を向けておきましょう。

デメリット①:文字だけのつながりはヒートアップしやすい

ネット恋愛は、当面の間文字だけの繋がりです。文字でのやり取りは、普通に話すのに比べて、操作がしやすいといえます。対面の会話はとっさの一言、とっさの反応が出るものですが、文字のやりとりにはそれがありません。相手の反応や心理を読み取りながらじっくり考えて文字を送ることができますし、いつも冷静で知的な雰囲気を漂わせることだってできる。つまり、自分を美しく見せることができてしまうのです。

ときには、自分たちのやりとりを読んでいるだけで、恋愛小説の中にいるような雰囲気になってしまうことも。だからこそ、文字だけのやりとりは暴走しやすく、自分達だけの世界に入り込みやすい、思い込みやすいというのもデメリットなのです。

デメリット②:ネット上と現実の落差

多くのネット恋愛経験者が懸念するのは、ここですよね。ネット上の人物像と、実際の人物像の差です。

心理学ではこれを「ハロー効果」といいます。いい面だけアピールして、悪い面は隠すことができる。これがネット恋愛最大の怖さです。

外見に関していえば、写真の見せ合いをすることもできるし、アイコンの設定もできます。しかし相手の顔を知っているとはいえ、写真なんて今の時代いくらでも加工できてしまうもの。きっと、あなただってなるべく写りが良くて可愛く見えるものを厳選して見せているのではありませんか?

相手ももしかしたら同じかもしれない。角度によっては綾野剛に見える人も、実は少しぽっちゃり中堅芸人風である可能性も否定できない。もちろん、声や背格好、立ち姿なども同じです。ネットで話すときのイメージは美化されやすいため、それこそ少女漫画や小説に登場する人のようなイメージを抱いてしまうかもしれません。

しかし、実際に会ってみたら背が低く、猫背で、食べ方や動きがガサツで、性格もちょっと合わない…なんてことも、実際にはよくあるもの。文字のやりとりや電話のやりとりだけで、相手のすべてを知ったつもりにならないよう、心の隅にこのことを置いておきましょう。

デメリット③:距離

日本全国どこに住んでいても繋がれるのは、メリットでもありデメリットでもあります。実際にお互い恋愛感情が生まれ、関係が発展したとしても遠距離ではなかなかうまくいかないこともあります。

タイミングや気持ち次第では近くに住むことだってできるわけですが、今すぐに!というのは難しいことが大半です。気持ちさえあれば距離なんて関係ないと思えれば良いですが、その分心配や悩みが増えることは最初に理解しておかなければなりませんね。

ネット恋愛で失敗しないために!あなたに伝えたいこと

ネットでの恋愛は本当に切ないもの。だって相手のことをたくさん知っているし、誰よりも好きな自信があるのに、今この場所にいないのです。相手の横顔も、体温も、匂いも分からない。だからやっぱり、ハードルは高いんです。

そんなあなたの切ない気持ちを応援するために、伝えたいことがあります。

相手の顔は絶対に知っておくべき

本気で好きなら、相手の顔をちゃんと知っておきましょう。勇気を出して、顔を見せてくれるようにお願いしてください。もし断られるようなら、相手にその気がないか、実際のイメージとは大きく違っているかもしれません。

また、ネット上のプロフィール画像が全てだと思い込んではいけません。どんなにカッコいい写真をあげていても、それを100%信じてはいけません。できればスナップ写真や複数の写真を見せてもらえるとよいですね。相手を疑う気持ちではなく、相手のことをより詳しく知りたいという気持ちからくることなので、遠慮することはありません。

「会おうよ」は必ずあなたから

例え好きでも、知り合って早々に男性から「会いたい」「話してみたい」など、接触を求められるときは要注意。あなたに恋愛感情があると、ついつい「私も会いたい!」と早まってしまいがちです。

相手が本当に、あなたを恋愛対象として見ているのなら「会いたい」という言葉よりもまず、あなたに対してどんな気持ちを抱いているか、あなたをどんな女の子として受け止めているかなどの感想が先にくるはずです。

  • あなたのいいところ
  • あなたの好きなところ(異性としてとは限らない)
  • あなたと話す時間への価値

まずは「会う」という言葉よりも先に、あなたへの想いやあなたへの印象や思い入れが先に出てくるのが自然なネット恋愛の流れです。もちろん、会って話せたら楽しいですが、そのためには時間をかけて、順序を経て進んでいくことが必要です。

実際に会うまでの期間は最低でも1年弱

ネットでも、本気の恋愛はできます。しかし、本当に心が通い合ったかどうか判断するには、最低でも半年~1年以上の時間が必要です。

お互いの心の準備や、ネット恋愛と現実の世界との釣り合いに目を向ける時間も必要なんです。だから、出会って数週間~1、2ヶ月でサラっと合うような関係には、強い絆は見込めません。

いろんな可能性を考えたけれど、やっぱりネット上のあの人しか自分に合った人はいない。そう思えるくらいに強い繋がりができたのなら、それは本物の恋愛だと胸を張れるのかもしれませんね。

実際に会う→交際の順序がマスト

現代のネット恋愛は「会ったことはないけれど、付き合っている」という関係の人も多いようですが、それは本当の恋愛といえるのでしょうか。

もちろん、お互いに好きだと言い合うことはできます。文字では何とでも言えるのです。でも、会ったこともない、どこで何をしているのかも分からない相手に「私だけを見て」といってもそれは不可能なんですね。物理的にも見えないし、心だって見えません。

好きでいることも、好きだと伝え合うことももちろん否定しません。恋愛は自由であり、ネット上でも相手を本気で好きになることはあるんですよね。でも、実際に会ったことがない状態ではやっぱり「本当の恋人」とはいえないのです。恋人は、目を見て、手を握って、寄り添うことができて初めて本当の恋人です。愛する気持ちはあっても、会ったことがない以上は関係を強要できないことは忘れないでほしいと思うのです。

うまくいくネット恋愛とは。

恋愛は「求めていない場所に生まれるもの」です。

マッチングアプリや出会い系サイトは、男女の出会いが目的の場所。こういう場所から始まる恋愛には細心の注意が必要。本当の恋愛は、恋愛の空気がない場所から生まれるものなのです。

ネット恋愛の醍醐味は「感性」や「感覚」で繋がれること。最初はまったくそんなつもりではなかったのに、いつのまにか波長が合い、心が通じ、いつの間にか心の支えになっている。オフラインでも、あの人のことを考える時間増えている。

それが、本当のネット恋愛成功例です。

あなたがもし今、このままネット恋愛に発展してもよいのか悩んでいるのであれば「感性」を信じるしかありません。文字は、人の心が滲み出るもの。心の奥底にある感情や想いは、言葉の端々に現れます。それを、感じ取ってみてください。もしそこに、強い繋がりや信頼を感じられるのなら、迷わずに進んでみてもよいのではないでしょうか。

(ライター・夏野新)

 

おすすめ書籍《トラウマ・HSP・アダルトチルドレン》

スポンサーリンク

Return Top