kandouya

月間テーマ

More

彼氏と合わないと感じた時は「察してもらおう」から「伝えよう」へ。

もしかして彼氏と合わないかも!?

元々は好きで付き合った彼氏でも、ちょっとした言葉や行動のずれから「合わない?」と不安になることがあります。相性というのは、好きで仕方ない初期の頃にはすべて見えていないもの。この点についてはお互いに悪くないことです。

好きな気持ちは残っているものの、彼氏と合わないかもしれないと思い続けているとストレスが溜まってきて悩みますよね。では彼氏と合わないと頻繁に感じる時は、どこを見て、何を考えて、気持ちの整理をつければいいのでしょうか。

このまましんどさが募らないためにも、落ち着いて考えてみましょう。

[ad]

最初に:誰にでも合わない部分はある。

まず前提として考えたいのは、誰にでも合わない部分は大なり小なりあって当たり前というポイント。しかし、恋愛は常に冷静に考えられるわけではありませんよね。好きだからこそ、できるだけ価値観が合って、自分と同じ考えや感性を求めてしまい、期待もしてしまいます。

男女の関係は特に感情的になりやすく、好きだから合わない部分を感じても受け入れにくかったり、逆にひたすら我慢してしまう人もいるでしょう。ですが本当に幸せに長く一緒にいたい場合は、最初にこの「合わない部分があって当然なんだ」という事実を、上手にあなたの中で理解し、受け止めていくことが必要になってきます。

これができなければ、仮に今の彼氏とお別れをして別の人と付き合ったとしても、また繰り返し同じ思いをしてそのたびに悩んでしまう可能性があるからです。そうなるとあなたはこれからも辛い思いをします。

大切なのは、元々は赤の他人だった相手との「合わない部分」との根本的な向き合い方を習得していくことです。

彼氏と合わない=すぐ別れるべきじゃない

「彼氏と合わないかも…もう別れた方がいいのかな?」と考えるのは後です。別れるかどうかは最終手段として、今は取っておきましょう。別れることはいつでもできますが、復縁は簡単にはできないからです。

合わないからといってもすぐに別れるべきじゃないその理由を具体的に解説していきますので、思い当たる場合はまだ改善の余地があると思ってください。

性格が合わないと感じているとしても

たとえば、あなたはどちらかというと「内向的」で大人しい性格だとします。人付き合いもそこまで活発ではなく、狭く深い付き合いをするような人で、信頼のできる数人の友人と彼氏で十分だと思っていて、心のつながりを大切にしている。

一方で彼氏の方は「外交的」で、友達も広く浅く常に交友関係があり、活発でどんどん外に出るタイプだとしましょう。真剣な話よりも楽しいことが大好きで、「彼女との付き合い」もその中の1つ。

この場合は彼女の方に不安や寂しさが募りやすくなります。
・あなたの優先順位が、彼氏の中で1番じゃない気がする
・彼氏の交友関係に嫉妬しやすい
・まじめな話ができないと感じてしまう
・たまにはゆっくりするデートがしたい、と思う

など、モヤモヤする瞬間が少しずつ増えてくることがあるでしょう。でも、性格やタイプに違いがあることで生まれるプラスな面もあります。

色々な人や場所に出会うことで視野が広がる

性格の違いがあるからこそ、それぞれにない部分での見方やものの考え方、感じ方の幅が広がります。逆に言えば、どちらも彼氏彼女しか見えない付き合いとなると、不安はないかもしれませんがとても世界の狭い付き合いになります。

どこで何をするのにも「あなたと彼氏」の中での考え、決まりでしか生活できないとなると、いい時はいいですが間違ってしまった時に軌道修正もかけられなくなり、冷静な第三者の声も耳に入りづらくなるもの。

また、タイプが違うからこそ、あなたにも彼氏にも互いに学ぶことがあるはずです。

「自分とは違うこと」をすぐに拒絶、排除するのではなく、相手の好きな事や考えに一歩だけ歩み寄ってみましょう。

違うからこその魅力や楽しさ、面白さを発見していくことこそが恋愛の醍醐味であり、成長できるビタミンなのです。

「察してもらおう」から「伝えよう」へ

自分から逃げようとしてない?

恋愛できちんと向き合う前に諦めてしまう人は、とんでもなく多いです。理由は簡単で、傷つくのが怖いからなんです。「否定的なことを言ったり言われたりして落ち込むくらいなら、離れてしまおう」と逃げの姿勢に入ってしまう…。

「合わない」というのは本当は些細なことで、勇気を出して向き合って本音をぶつけてみると、思っていたよりもずっと深い付き合いができるようになるのに、そのことに多くの人が気づいていません。むしろ、わかっているけれどできないまま別れてしまったり、あえてやめてしまったのかもしれません。

それくらい、傷つくことは恐ろしいことなのです。まして好きな人だからこそ、心が崩壊するほどの恐れを感じる人もいるでしょう。しかし、突き詰めるところ、これができれば恋愛は180℃変わってくると言っても過言ではありません。

言わないままでは後で後悔する可能性大

結果がだめでも、恋の相手を見極める目も養われ、何よりあなたの中で「後悔することなく」その相手との時間を受け入れることができるようになります。言わないとわかりません。人の気持ちは、言葉にしてしっかりと伝えないと分かってもらえません。

どうか諦める前に、本音でぶつかり合う勇気を持ってください。成功しても失敗してしまっても、必ず得られるものがそこにはあります。あなたにとっての恋愛観や価値観が変わるきっかけになることもあるでしょう。

彼氏と合わない!が理由で別れた方がいい場合もある

大きな金銭感覚のずれ

彼氏と大きな金銭感覚のずれがある場合、将来的に考えても一緒にいる時間が多いほどに付き合いがしんどくなります。お金は「稼ぎ方」よりも「使い方」。

ここに価値観の在り方が大きく出てきます。

たとえばあなたは金銭にこだわりがなく、必要最低限で十分で、大切に使っていく人なのに、彼氏が散財する人であったり、なんでもかんでも「金が優先」の考え方であれば、結婚してからも大変な思いをするかもしれませんよね。

身なりに使うもの、趣味で使うもの、食事、すべてにおいて「金銭感覚の大きなずれ」がありすぎてしんどい場合には別れを視野に入れてみてもいいかもしれません。

貞操観念

合わない部分が貞操観念の部分だった場合にも、心の安定が得られないためつらい思いをするでしょう。簡単にいえば異性関係にだらしない、そこに気持ちがない、軽く考えているなど…。

お互いが許せる範囲で理解し合えるならいいですが、長い目で見るとそういうわけにもいきません。

あなたに無理を強いる人

あなたが本当に嫌なことをさせようと強要したり、変化を求めたり、容姿や内面を批判してくるなどの無理を強いる人とも別れた方がいいと言えるでしょう。

「無理を強いる」ということは、あなたの人格を否定していることと同じです。あなたが自分らしいままでいられない関係は、心を消耗してしまいます。

どんなに好きでも、彼氏の言いなりになってはいけません。あなたという人そのものを愛して受け止めてくれる人と付き合いましょう。

聞く耳が全くない

こうした色々な考えや、あなたが抱えている思いに対して、全く聞く耳がない彼氏は今後も変わらない可能性が高いです。好きな彼女がつらいと訴えても無視し続けたり、向き合えない人は時々います。

「めんどくさい」とか冗談半分にしか聞けないなどの状態です。

真剣な話をしようとするとすぐに逃げ出したり、理由をつけてはぐらかし続ける彼氏とい続けるのは大変です。ずっと一緒にいれば喧嘩することもあれば、トラブルがあることもあって当然なのに…。

そのたびに逃げてばかりの人は、内面的に成長しません。彼女には苦労が多くなるでしょう。

本音を伝え合ってからが本当のスタート

恋愛は正解がなく、むずかしいものですね。「好きだけどなんか合わない」「どうしてもここが理解できないんだよなあ…」と思い悩んでしまうことも多いです。

別れた方がいいのでは?というパターンはありますが、この記事で一番伝えたかったことは、「本気でお互いに向き合い、知ってからが本当のスタート」ということ。

本当の恋愛のはじまりとは、実は好き同士になったばかりの絶頂期ではなく、嫌な場面を乗り越えて本当のお互いを知ってからと言えるのかもしれません。

「察してもらおう」から「伝えよう」へ。その勇気を持ったときから、何かが変わり始めるはず。

あなたも「彼氏と合わない」と感じているなら、一度じっくり考えてみてくださいね。/kandouya編集部

[ad]

おすすめ書籍《トラウマ・HSP・アダルトチルドレン》

スポンサーリンク

Return Top