kandouya

ネガティブ/マイノリティ専用WEBマガジン

恋愛するといつも病む。負のループから抜け出すにはどうすればいい?

恋愛すると必ずと言っていいほど「病む」。

いつも病むことがお決まりになってくると、もはや恋愛の意味さえ見失いますよね。心を病んでまで人を好きになる必要があるのかとか、これって普通じゃないよなぁなんて悲しくなったり。

今回は恋愛をすると決まって病むことを自覚しているあなたに向けた記事です。

恋愛と病むが当たり前のセットになっている現象。なぜ?

人を好きになることで、自分を見失うから

恋愛はいいように働いている時には、とても大切なものです。毎日が楽しくなったり、何かを頑張るモチベーションにもなります。しかし、楽しかったのもつかの間……

誰かを好きになり、本気になればなるほど、傷つくのだって怖くなる。「この人がいなくなったら、自分はどうなってしまうんだろう?」「きっと立ち直れないほど傷つくに違いない」そんな妄想だって膨らみます。

恋愛で病む人は、1人の人に深く入り込む人。いつだって本気で、いつだって一途なのです。それは、相手を優先しすぎてしまったり、嫌な事でも我慢してしまう原因にもなります。好きだけど我慢している、という状態が心の「病む」を生んでいるのです。

見捨てられるのが怖くて、素直になれないから

素直に「好き」とか、素直に「寂しい」とか。「会いたい」なんて言葉もそうです。本当はもっと伝えたい感情があるのに、「こう言ったらめんどくさい女になるかな」「こんなことをしたら、嫌われるかも」と考えて素直になれないことも多いでしょう。

最初からズタズタに傷つくのを避けるために、強がって「オトナな女」を演じている人もいるはず。恋人が誰かと親し気にしていて本当は嫉妬していても、言わないで「私は平気」という顔をしてみたり……。

素直になれないということは、本当の気持ちを押し殺しているということ。病むのは当然ですよね。

自分の事が嫌いになってしまう

恋愛をすると、他の事ではちゃんと自信があっても、恋愛だけ全く自信が持てなくなってしまう人もいます。

感情が安定しない自分の事を嫌になったり、恋人に精神的に依存していることを自覚していて罪悪感を覚えたり。「自分でもわかっているのに、うまくやれない自分」のことをどんどん嫌いになってしまうから、病むのです。

「恋愛」というものは、仕事や趣味のようにコントロールできることではありません。「感情」が優位に立ってしまう、説明のできない思いだから、なによりも不器用になってしまうのですね。

恋愛をすると病むから、誰も好きになりたくないって思う?

恋愛をすると病むから、それならいっそ、もう誰も好きにならない方が身のため…。相手にも迷惑をかけないし、自分も楽。

こうした考え方に落ち着いてしまう人もいると思いますが、恋愛をすることで病むからもう好きにならない方がいいのでしょうか。

精神衛生が悪くなるのは、ある程度しかたない

もちろん、恋愛をすることであまりにも日常生活に支障が出るなら、恋愛の仕方や、あなたの本質的な部分に対しても考えなおさなくてはいけません。「つらい」という気持ちが大きくならない工夫をすることです。

しかし、精神面が荒れたり揺れ動いたりするのは、恋愛において「誰でもそうだ」とも言えることです。自分と同じだけの気持ちを相手に求めること、理解して欲しいという気持ち、独占欲や嫉妬は、誰かと関わるからこそ起こること。

それ自体を避けて避けて過ごしていくのは、恋愛という「いつ生まれるか自分でも読むことができない」分野において難しいです。恋愛すると病むのは、あなただけではないですよ。みんなそんなものです。

人間的な成長は、葛藤や苦しさがあってこそ生まれる

確かに恋愛は楽しい反面、めんどくさいものです。人には必ずいいところだけではなく、悪いところがあるから、その部分を許せるか許してもらえるか、認め合えるのかという部分は、たくさんの経験をして大人にならないとバランスを掴めません。

恋愛が人生において、心に潤いを与えてくれるものだと自然に思えるようになるまでには時間がかかります。そう思えるまでに、しんどくても病むことが怖くなっても、経験値を積むことが必要なのです。

「もういいや」と思って恋愛しないのも自由ですが、立ち向かってうんざりして、それでも人を好きになることで、いずれ大きく成長する時がきます。

「恋愛すると病むからもうしんどい」から抜け出していくためには

恋愛すると病む自分を「恥ずかしい」と思わないこと

恋愛すると病むからやだ、と言う人は、そんな自分を心のどこかで「恥じている」ということがあります。みっともない自分が嫌だ、相手に愛されたいのにうまくやれない自分が情けない。そんな感情があるから、もう「恋愛したくない」と思ってしまうのです。

でも、まずはそんな固定観念を捨ててみることです。かっこ悪くても、みっともなくても、それでいいのではないでしょうか?一生懸命だからこそ、恋愛すると病むのです。それほど誰かを想えることは、人として恥ずかしいことでもなんでもなく、素晴らしいことですよ。

物分かりのいい女じゃなくてもいい

「男性と女性は考え方に違いがあります。」この考え方自体、凝り固まった概念のようにも思えませんか。確かに男性はこうで、女性はこうで、という特徴はあるかもしれませんが、例外もあるのです。

世の中はとても広く、男性でも女性っぽい考え方で恋愛をする人、女性でも男性的な考え方で付き合う人、様々な人がいるのは事実です。男性に対して「器が広くて物分かりのいい女しか本命になれない」という認識は、視野の狭い捉え方でもあります。

恋人がいなくてはやっていけないほど、恋愛に身を任せるのは危険ですが、無理をすることはないのです。

付き合って別れて…を繰り返すのも悪くはない

たくさんの人と出会うには、たくさんの経験が必要です。「付き合ってもすぐ別れてしまい、交際人数だけが増えてしまう」ということに対して否定的な見方をする人って多いですよね。

しかし、付き合ってみないと経験が増えないというのも本当の話。自分と価値観や性格が合っていて、一緒にいて「この人とならずっと一緒にいられるかもしれない」と思える人を見つけるには、場数を踏むことも大切なのです。

元より他人同士が出会ってずっとそばにいられるようになるには、何年もかかって相手のことを知っていくもの。一般的な「続かない奴はだめ」という目線を気にせず、直感に従うのもあなたの人生です。

自分の正直な思いを、ムリヤリ抑え込まないこと

嫌なことをはっきりと嫌だと言うこと、不安なら不安だと言うこと、これはすごく大切なことです。正直でいられない恋愛は、最初はよくても長期的に付き合っていくうえではストレスになります。

正直な気持ちを伝えながらも、なぜ心が不安定になってしまうのか、一歩下がって自分のことを見つめることが必要です。あなただけが常に変化する必要はないし、相手も自分も成長しながら一緒に歩んでいくのが理想ですよね。

「そんな人に出会えるわけないじゃん」と決め込まずに、どんな出会いでも出会いは大切に、チャレンジしてみること。いい出会いを見逃さないようにするためにも、心を自由にしてあげることです。

恋愛は誰でもそこそこ病むもの。でも、あなたの人生を変えてくれるかも

恋愛は病むものです。公にできないのは、「恋愛体質で病みまくる奴は痛い」という考えを示す人が一定数いるから。でも、あなたが恋愛で病んでいるからと言って、全くの他人や周囲に迷惑をかけているわけではありません。

「恋愛すると病むよね」と言って共感を示す人もたくさんいるでしょう。恋とは、そういうものだからです。無理をして恋愛をしなくてはいけないわけでもなく、無理をして恋愛を避ける必要もありません。

その時の出会いをスルーせずに、キャッチする習慣をつけてみるといいですよ。もしかしたら、あなたの人生を本当に変えてくれる人との出会いがそこにあるかもしれませんから。/kandouya編集部

おすすめ書籍《トラウマ・HSP・アダルトチルドレン》

スポンサーリンク

Return Top