kandouya

月間テーマ

More

もっと気軽に言えたらな……彼氏に悩みを相談できない心理×解決策

彼氏にもっと、気軽に自分の悩みを話したい。なんでも一緒に解決していく「仲間」になりたい……。

誰よりも親密で信頼し合っているはずの関係なのに、なぜ彼氏に悩みを相談できないのでしょうか。

「彼氏にだからこそ言えない」「彼氏にだけ話せない」という悩みを抱えているのは、あなただけではありません。実は筆者も、同じような経験をしたことがあります。

[ad]

彼氏に悩みを相談できないのはなぜ?

彼氏に悩みを相談できないのは、あなたの心にストッパーがかかってしまうからかもしれません。親密な関係だからこそ、自分の発言や考えをうまく話せないのかもしれません。

相手と自分の間の境界線が薄い

彼氏に悩みや愚痴を話すことで「相手まで暗い気持ちにさせたら申し訳ない」という気持ちが強く出てしまうために、話せなくなってしまうことがあります。

自分と他人の間の境界線が薄い人は「自分の問題」と「他人の問題」の区別がつけにくい傾向にあります。

だから「私の悩みを話すことで、空気を壊してはいけない」という心のストッパーが働くわけです。

このストッパーは、悩み相談だけでなく自分のネガティブな部分をすべて「見せてはいけない」という思考に繋がっている恐れがあります。

「疲れた」「具合悪い」が言えないのは、心のストッパーのせいかも

見捨てられ不安かも?

見捨てられ不安とは、大切な人が自分から離れていくかもしれないという不安を抱えるために、必要のない我慢や努力をしてしまうことをいいます。

あなたの心の中で「これを話したら嫌われるかもしれない」「自分の悩みを話すことで相手が迷惑に感じるかもしれない」というように、相手を困らせたり不快にさせたりすることを怖がっている場合があります。

見捨てられ不安のない人は「ねぇ、ちょっと聞いてくれない?」「ほんともう嫌になっちゃう~!」と、彼氏に甘えたり怒りをあらわにしたりして悩みを相談したり、愚痴をこぼしたりできます。

しかし、見捨てられ不安のある人は「自分の気持ち」よりも「見捨てられないためにはどうすべきか」に心が支配されているため、相談や愚痴を気軽にできないことがあるのです。

https://kandouya.net/mentalhealth/5704/

彼氏には特に、悩みを相談できない

彼氏と彼女という恋人関係は、他のどの関係よりも「親密」です

男女の恋愛関係は、親子の関係ととてもよく似ています。親子間の愛着関係は、男女の関係にそのまま移行するともいわれているため、あなたが彼氏に何でも気軽に話せないのは、あなたの幼少の体験や、長年のがまんが原因しているかもしれないのです。

普通は「彼氏なんだから、何でも話すものでしょ?」「まず先に、一番親密な恋人に話すものでしょ?」と考える人が多いですよね。

しかし、大切な人に嫌われたり批判されたりすることへの怖さから、彼氏には特に悩みを話せなくなってしまう場合があります

悩みを話せる=信用しているとは限らない

彼氏に悩みを話せないということは、彼氏のことを信用していないのでは?

そんな意見を耳にしたり、自分自身でそう感じてしまうこともあります。

もちろん、元々彼氏をそこまで好きではない場合や、自分で「信頼しきっていない」と自覚があるなら、それも否定できないでしょう。

しかし、深く悩んでいることは、信用している・していないに関わらず、誰にも相談できなくなることがあるのです

いのちの電話という、無料の電話相談サービスがあるのをあなたも知っていると思います。なぜ、このような相談窓口があるのでしょうか。「相談すること自体が怖い」という人がたくさんいるから。相談しても、受け入れられる自信のない人がたくさんいるのです。

「信用している=悩みを相談できる」という図式が誰にでも当てはまるのであれば、あらゆる電話相談やカウンセリングサービスは成り立ちません。全く関係のない第三者だからこそ、何も失う心配なく感情を解放できる場合があります。

つまり、あなたが彼氏に悩みを話せないのは、信用していないからではありません。悩みの問題が大きければ大きいほど、大切な人に打ち明けにくくなることもあります。

[ad]

相談したい悩みのジャンルによっても違う

あなたが彼氏に相談したい悩みは、どんなことでしょうか。もしかすると「特定の悩み」というわけではなく、日常のささいな悩みから、自分の将来を決定づけるような大きな悩みまで、どんなものでも相談するのをためらってしまうのかもしれませんね。

特に、彼氏本人が関係する話はなかなか口にしにくいです。

  • 関係に不安を抱えている
  • もっと改善してほしい点がある
  • 将来のことについて不安になっている

このように、ふたりの関係ややりとりに関する悩みは、本人に伝えるのに勇気がいるでしょう。

もし、仕事のことや人間関係のこと、家族のことなど、彼氏に直接関係ないことでも相談できないのであれば、それは見捨てられ不安からきていると考えてもよいかもしれません。

彼氏に悩みを話せない……でも本当はいちばん聞いて欲しい人

彼氏に悩みを話せないのって、本当につらいですよね。とても好きなのに、そしてきっと話したらそれなりに聞いてくれるんだろうとわかっていても、なぜか言葉が出ないこともあります。

あなたは彼氏のことが、本当に好きなのでしょう。

好きな人に、自分のことで気を揉んでほしくないし、心配かけたくないのでしょう。彼だって日常では色々と悩みがあるだろうし、それに比べると自分の悩みなんてくだらなくて、情けないようなことかもしれないし……なんて思ったりもしますよね。

でも、逆の立場だったらどうでしょうか。彼が、あなたに心配をかけたくない、自分のことで疲れさせたくないと思って、本当は話したいことも、悩んでいることも全部隠していたら、どんな気持ちになりますか?

きっと「何時間でも聞くよ」って、思うんじゃないかなぁ……。

彼氏に悩みを話せないあなたに考えてほしい 4 つのこと

やっぱり、彼氏にもちゃんと悩みを話したり、愚痴を言い合ったりする仲になりたい。本当に大切な人だからこそ、何でも見せ合う関係にならなくちゃ!

そんな気持ちをどうやって処理していくか、一緒に考えてみましょう。

悩みに対して「彼氏に何をしてほしいか」はっきりさせておく

勇気を出して彼氏に悩みを相談するときには「相手に何をしてほしいか?」を考えてから話してみましょう。

  1. ただ聞いて欲しい
  2. あなたならどうするか意見を聞きたい
  3. 自分の考えを、客観的に見てほしい

だいたいこの3パターンくらいしか、選択肢はありません。

この中の3つのうち、あなたが相手にしてほしい対応はどれでしょうか?

悩み相談を、重く考えずに「業務的な相談」と考えるのも一つの方法です

まず、自分に起こった事実を話します。

次に、あなた自身の感情や感想を話しましょう。

それに対して上記の1~3で、どれを必要としているか、はっきり話すのです。

彼も「あなたならどうする?」「私の考えって間違ってるかな?」という明確な質問があると、それに率直に答えればいいだけなので負担はまったくありません。悩みの内容に関わらず「世間話の延長」や「仕事の相談」のように考えていいのです。

ただただ悲しくて聞いて欲しいだけだとしても、同じです。重く考え過ぎずに「どうしても気持ちの整理がつかないから、聞いて欲しい」と一言添えてみてください。

[ad]

相談する相手は分散すればいい

もし、どうしても彼氏に悩みを話せないのであれば、他に話せる人を探しましょう。

「誰に相談するか」というのは決して重要なことではありません

あなたの悩みを早く解放して、気持ちを安定させてあげることの方が大事です。

まず、あなたはすでに何かに対して悩みを抱えている状態です。それを「彼氏に話すか、話さないか」で2重の悩みを抱えている状態にあると気づきましょう。「彼氏に相談すべき」なのは、彼氏やふたりの関係に直接かかわりのあることだけです。

あとのことは、友達でもいいし、SNSでもいいし、質問掲示板でもなんでもいいのです。悩み相談とは、あなたの気持ちを解放することが目的なのです。

100%ありのままを見せることがすべてじゃない

自分の本音やネガティブな面を人に見せるのが苦手なあなたは「彼氏にすべてを見せなければいけない」と思い込んでいませんか?

もちろん、それができるのは素晴らしい関係ですが、それが自然にできる人はその分恋人間での衝突も多いものです。

あなたは、彼の気持ちや場の空気などを大切にしてしまう人。でも、ときどき自分のことも考えて感情を出したり、自分の話をしたりすることも大事です。そのバランスは、少しずつ自分でつかんでいくことができると思います。

でも、それを「相談すべきなのにできない」という風にマイナスに捉えてしまうと、ネガティブのループに陥ります。

相談できないあなたもOK! 

他の人に相談して気持ちを立て直してもOK!

世の中に「絶対こうするべき」なんて決まりは何もありません。

「ここだけはわかってほしい」部分は勇気をもって伝える

重要な決断や、自分の中の大きな変化など「ここだけは彼氏に分かってもらいたい!」「彼氏の意見を聞くべきところだ!」という基準のラインについて考えてみましょう

彼氏にとって「重要な決断」や「大きな変化」について、何も話してくれないというのは寂しいし「信用されてない?」と思われても仕方がないです。

なので「嫌われてもいいや!」と勇気を出して話していく体験も、必要です。あきらめるだけではなく「えいや!」の気持ちで自分の殻を破っていくということもかなり重要なのです。

その小さな積み重ねを続けていくと、彼氏にも気軽に悩みを相談できるようになるし、彼氏と意見交換をして楽しむこともできるようになります。ちいさな「えいや!」の勇気をもって、相談してみましょう。

彼氏に悩みを話せないあなたは、まじめで優しい人かもしれませんね

彼氏に心配をかけまいと強い自分を作ってしまうのは、あなたがとても真面目で優しいからではないでしょうか。

「根っこの部分は嫌われるのが怖い、弱虫だ」

そんな風に思うかもしれませんが、それも含めてあなたの良さです。自分の中で少しずつ勇気をだして、バランスをとって、変わっていけるといいですね。

小さな工夫や勇気の積み重ねは、いつかきっとあなたの心を軽くしてくれるはずですよ。/Kandouya編集部

https://kandouya.net/mentalhealth/5704/

https://kandouya.net/mentalhealth/7466/

[ad]

おすすめ書籍《トラウマ・HSP・アダルトチルドレン》

スポンサーリンク

Return Top