kandouya

ネガティブ/マイノリティ専用WEBマガジン

「悩みなさそうだね」って気軽に言ってくる人にイラッ…。うまい切り返し方はコレだ

「君って悩みなんてなさそうだよね」「いつもヘラヘラ笑ってるし…」とさらっと言われて無性にイラついたことはないだろうか。

ちなみに筆者は何度もある。そういう時は、「私の私生活のしの字も知り得ない職場のみの付き合いのあんたに何がわかるというのか」と心の中でイライラをやり込めたものだ。「悩みなさそうだよね」という言葉は、ほめ言葉には聞こえない。

まるで「いつも頭の中がノー天気のバカ」と言われたように感じたりするだろう。今回は「君って悩みなさそう」と気軽に言われてしまってすごく何とも言えないイラっと感に包まれているあなたの気持ちを、落ち着ける方法を教えたい。

「悩みなさそうだよね」って、なんで言ってくるの?

「悩みなさそうだよね」と軽く言えちゃう人は、正直甘い。

他人に向かって軽々しく「悩みがなさそう」と言えてしまう人は、ちょっと甘いな、と感じる。というのは、仮にその人に対して「この人にはきっと悩みなんてないんだろう」と思ったとしても、本人に伝えようとはあまり思わないものだ。

きっと「悩みがなさそう」と言われて「褒められた」と思う人は少ない。きちんと相手の気持ちを考えたり、思いやりを持っていれば、あえて思ったとしても言わないのがマナーともいえる。

あなたのことを見ていて、愛想がよくて人気者だと思っている。

「悩みがなさそう」となぜ思ったかというと、あなたはそれだけ笑顔が印象的なのだ。プラス、苦労しなくても物事をうまくやっていけるタイプの人に見えているのかもしれない。これに関しては、決してマイナスのイメージではない。

「あの人はいいなぁ」という羨ましさや、表面的な「うまくいっていそう」という個人的な解釈で、深く考えずに言っているのだ。

つまり「悩みなさそう」と言う人は悩みが多いということ

誰かに対して「あの人は悩みなさそう」なんて言う人に限って、悩みの中にいる。解決できない問題があって心の中に不満を抱えていたり、苛立ちも感じているかもしれない。だからこそ、自分とは違う人の事が目についてしまうのだ。

しかし人とはそんなに単純なものではない。ニコニコ笑っているのは、職場で協調性を保つために頑張っているだけかもしれないし、本当はつらいこともあるけれど強くなくてはいけないからと毎日頑張っている人もいる。

「悩みがなさそうだよね」という言葉に対しては「心に余裕があまりない、悩みばかりの人が、たまたま明るく見えたあなたのことが目に入って羨ましくなり、あなたの状況や本当のことなんて深く考えずに言ってきた」と考えるのが正解だ。

「悩みなさそう」と言われてムカついたあなたは、頑張り屋。【嫌な思いをしましたね】

頑張って笑顔でいるからこそイラっとくる

「悩みがなさそう」と言われて腹が立つ人は、頑張っている人だ。日頃から悩んでいる顔を見せないように気を張っていたり、弱い部分を見せないように頑張っているのかもしれない。仕事の不満があっても笑顔で誰とでも接し、家では疲れ果てていることもあるだろう。

それなのに、本当のことを何も知らない相手から「悩みがなさそう」なんて言われたら、腹が立って当然だ。「そういうことを平気で言ってくるようなあなたにだけは言われたくない」という心境になるに違いない。

しかし、あなたの周囲にいる人はみんなそんな人ばかりではないので、安心してほしい。悩みがなさそうに見えるほど明るく振る舞って頑張っているあなたを、筆者は心から尊敬する。

そう見えないだけで苦労人である

いわゆる波乱万丈な人生経験を持つ人、過去が壮絶な人のすべてが、「そう見える」わけではない。

苦労している人ほど、実は明るいことがある。

苦労してきたために、平均よりどこか痛みに耐えうる力や、物事を見る力が高いのではないだろうか。「悩みやしんどいことがあるのは誰でも同じ」としっかり考える人だから、見せないのではないだろうか。

それなのに軽々しく「悩みがなさそう(笑ってるから)」という考えの浅さに腹が立つのだろうと思う。

大丈夫、その気持ちわかるよ

今はイライラするかもしれないが、時間が経てば次第に落ち着く。あなたは悪くないし、その気持ちがよくわかる。筆者も昔は接客販売業に就いていたため、いつも何があっても笑顔だった。不愛想だと仕事にならないし、本当はコミュニケーションがドヘタなのにも関わらず、対人関係がスムーズになるよう配慮もしていた。

そんな時、少し上の人に言われた。「悩みなさそうだよね、なんかいっつも笑ってるし。」

その時は無性にイラっとしたのだが、何度かこういう経験をしているうちに、割とうまく切り返せるようになってきたので、あなたにも参考までにご紹介しておこう。

「悩みなさそうだよね」と言われた時のうまい切り返し方

ここでは敬語(職場や年上の人に言われたことを想定)を使っているが、友達ならタメ口に変換してくれればいい。

「え、笑ってないとやってられなくないですか?逆に。」

筆者がよく言っていたのはこれだ。別に「悩みがなさそう」とは言わなくても、似たようなことを言ってくる人はいる。たとえば「いつも○○でいいよね」とか、「強くていいね」などがそうだ。

こんな時は「え、笑ってないとやってられないでしょ?逆に。しんどいことなんかいくらでもあるんだから」としれっと返すといい。そう言われると、大抵の相手は黙るか、苦笑いでもう言わなくなる。「まあ、そうだけど……」としか言えないからだ。

「ありがとうございます!そう見られたいって思ってるんです」

感謝しつつも、本当はそんなことはないけど?と伝えるのも◎。

相手が皮肉めいて言ってきている場合でも、「ありがとう」と言われてしまうと太刀打ちできない。「本当ですか?悩みなさそうな人に見られたいんですよ!陰で努力していたいんで!」と明るく言い返すのもおすすめだ。

「私悩んでますって顔に出してたら周りの人にも悪いんで!」

いかにも「私病んでます」「悩んでます」と顔に出して歩く人はそもそも少ない。そうすれば「メンヘラ」だの「かまってちゃん」だのと言われるに違いないだろう。だからこそ笑っているのに、それで「悩みがなさそう」と言われても困る。

というわけで「悩んでますって顔はしませんよ♪周りの人も暗くなりそうだし!」と、堂々と切り返すのもいい。特に職場の場合であれば「愛想」もスキルの1つであるから、これで文句は言わせない。

「逆に○○さんは悩みが多そうですね。大丈夫ですか?」

「悩みがなさそうだね」と言われてムカついたら、逆に「あなたは大丈夫?」と心配してあげるのも一つの手だ。人に対して気軽に「悩みがなさそう」と言えてしまう人は、あなたが心配して返してくるとは想像していない。

だからあえて「逆に悩みが多そうですよね。最近疲れてそうだし」とでも言って気遣えたならかなり上級だ。相手はあなたを間違いなく見直すだろう。嫌味や妬みで言っていたとしても、大人な返しをされると反応に困る。

「………ふっ(鼻で)」

いっそのことなにも言わずに沈黙のあと、「ふっ」と鼻で笑ったり、口だけで笑って流すのもアリだ。しかも案外これは相手に「あれ?何か気に障ること言ったかな?」と考えさせることもできる。

あえて何も言わずに意味深な笑みで返されると、天然でちょっと無神経発言をしてしまう人にとっては1番シンプルで害が少ない。笑う前に数秒間真顔で相手を見るとか、去っていくときに肩に「ポン」と手を置くのもいい。

例えるならベテラン刑事が新人に背中で語るようなものだ。

「悩みなさそうだよね」とか、簡単に人に言ってはいけないよね。

誰かに対して「悩みなさそう」と気軽に言ってしまうのは、あまりよくないことと言える。思ったとしても「実際はどうかわからないんだから言うべきではない」ということを、きちんと自分で考えついてほしいものだ。

あなたは今回嫌な思いをしたけれど、大丈夫、あなたが頑張っていることはわかっている。今度からそういう人が現れたら、あなたなりの「うまい切り返し方」を見つけて乗り切ってほしいと思う。

いつか「悩みなさそうだよね」なんて人に言っていた人も、「もしかして失礼なのかも」と気づく出来事に遭遇するはずだ。/kandouya編集部

おすすめ書籍《トラウマ・HSP・アダルトチルドレン》

スポンサーリンク

Return Top