ツイッターやインスタをやる意味って何?SNSに隠された真実とは

ツイッターやインスタ、やる意味って本当にあるの?

世界中の人が、当たり前のようにSNSを利用している中、頭の賢いあなたは「ツイッターやインスタをやる意味ってなんだろう?」ということがひっかかっているのではないだろうか?

SNSって、何の意味があってやるのだろう?「ツイッターでバズった!」「めっちゃインスタ映え!」という当たり前の様なワードににいったいどんな目的があるのか、知りたくはないだろうか。

ツイッターやインスタをやる目的、やる意味について、いつもとちょっと視点を変えて考えてみよう。

ツイッターやインスタをやる意味には、4種類ある!

一般人からすると、ツイッターは日々の他愛もないつぶやきを投稿するもので、インスタはお洒落な食事やスイーツ、旅行の写真、子供や恋人などとの幸せな写真を投稿するもの……というイメージが強い。しかし、中には「この人、何のために投稿しているの?」と疑問に思ってしまうような投稿が気になってしまったり、心の片隅でイラっとしてしまったりするのでは。

実は、ツイッターやインスタをやる人の目的は、大きく4つに分けることができる。

スポンサーリンク

1.ただ、なんとなくやっていて、意味はない

圧倒的に多いのが、なんとなく流行っているし、みんなやっているからやる。この動機からSNSを使っている人はかなりの数だ。もしかしたら「SNSってやる意味あるのかな?」と思って検索をかけたあなたも、この部類だったのかもしれない。

みんなやっているし、見ているのはまぁまぁ楽しいからついつい見てしまう、というのが本音ではないだろうか。特にトラブルになったこともないし、得られる情報もあって、いい暇つぶしにもなるといったところだ。もしくは、普段の生活では言えない悩みや愚痴を吐く場所、何となく心に浮かんだことを消化する場所として使っている人も多いだろう。

SNS依存って、本当にこわいんだよ?その中毒性の深いワケ。
SNSには中毒性があります。その理由は「通知」にあった……やめられなくなる仕組みを解説。依存性が高まる仕組みが〇〇〇〇と同じだったなんて

2.ツイッターやインスタで自分を飾りたい

次に多いのが、見栄を張るため、自分をよく見せるために、ツイッターやインスタで虚像を作っているパターンだ。最近では、インスタに投稿する写真のために人を雇ったり、実際にはありもしないパーティーに参加しているような写真を投稿したりということもある。

自分のコンプレックスを満たすために、画面越しに理想の自分を作り上げているのだ。これは少々問題で、SNS依存に陥っている場合が多い。投稿をチェックしたり、それに対するコメントやいいねのやり取りに時間を奪われ、そして見ていないと落ち着かなくなっていることも少なくない。

生活ありきではなく、SNSありきの生活となり、優先順位が逆転しているのでかなり危ない。

3.褒められたい「承認欲求」

自分の頑張りや成功をツイッターやインスタにあげて、多くの人から褒められることにやる意味を見出している人もいる。日常生活で褒めてくれる人がいない、自分の頑張りを認めてもらえないという満たされない思いを、SNS上で満たそうとしているのだ。

・仕事で自分はこんなに辛い思いをしている

・仕事仲間にひどい扱いを受けている

・ワンオペ育児で自分を犠牲にして動いている

・彼氏にこんなに尽くしている

これは特にツイッターでよく見られる投稿である。誰しも満たされない思いや、承認欲求はあるものだ。仮に誰かから褒められなくても、自分のやっていること、自分が必死に頑張っている痕跡を、この世のどこかに残しておきたいという隠れた心理が、そこにはあるのかもしれない。

なぜ?SNSをどれだけやっても満たされない心。その原因と向き合うべきこと
SNSをどれだけやっても満たされないのはなぜ?この記事では、SNSで心が満たされない原因と向き合うべき大切なことを紹介しています。SNSをやればやるほど虚しい気持ちになる人、SNSについて考え始めたあなたにおすすめの記事です。
スポンサーリンク

4.ビジネスや仕事の運用

SNS運用は、現代のビジネスシーンにおいてかなり重要視されている。物はどこで買うかではなく、誰から買うか。仕事はできる人に頼むのではなく、この人に頼みたいと思える人に依頼する時代になりつつある。個人で仕事を請け負う人、開業した人などが、自分の発信を誰かに見つけてもらい、それを仕事に繋げていこうとする動きは高まっている。

例えば、ツイッターではブロガーやライター、イラストレーター、エンジニアなどのフリーランス系の人は、多くの人がSNSを運用している。個人でお店を出した人や、ハンドメイド作家、書家、漫画家など様々なクリエイターや起業家が、SNSで情報や感性の発信をしているのだ。こうした使い方をしている人は、ごく一部である。そのため、SNS運用がどのくらい威力のあることかを知っている人も、まだまだ少ないのである。

ツイッターやインスタをやる意味、もういちど考えてみて

ツイッターやインスタをやる意味って何だろう?そう思ったあなたは、きっとSNS運用をしている以外の人間ではないだろうか。ただなんとなくやっているだけ。自分のいいところを見せたいからやっているだけ。誰でもいいから「すごい!」「えらい!」と言って欲しいだけ。正直にいって、明確な目的のないSNS利用や、自分の心を満たすためのSNSは、時間の無駄遣いであり、ストレスを増幅させる原因になる。

流れてくるタイムラインには、どこかの誰かの作られた一面や、輝いてみえるだけの虚像が流れてくる。でも、人はそれを「本当の姿」であり「素晴らしい人物」として捉える。それが悪いこととはいわないが、そんな本当の姿の100分の1でしかない投稿に振り回されてはいけないのだ。

スポンサーリンク

周りの人がすごい人に見えてない?

インスタは、いいところしか載せないSNSだ。ツイッターは、たった140文字だけで作られる世界だ。その投稿をずっと見続けていると「自分の周りにはすごい人、立派な人ばかり。それに比べて自分は……」というような具合で、自分の自尊心を傷つけることがある。見なくてもいいものを見て、自分の価値を自ら下げていることもある。

しかしはっきり言って、SNS上ですごいように見える人も実は実生活ではただの一般人で、何者でもないということは往々にしてある。以前の章でもいったように、自分の見栄を張るため、承認欲求を満たすためだけに投稿している人が、ゴロゴロといることを忘れないでほしい。

完璧な人ばかりだと思ってない?

いつも名言ばかりのツイートを飛ばしたり、色とりどりの料理写真を載せている人、毎日欠かさずファッションの写真や部屋のインテリア写真を載せている人……さぞかし、整った暮らしをしていて、家族やと恋人、友達にも優しくて、素晴らしい人なんだろうなぁ。そう思ってしまうことは、多々ある。

しかし、これもバッサリ切り捨てるべき価値観だ。完璧な人などいない。もしかしたら、名言ツイートの裏で家族に冷たく接しているかもしれないし、素敵な料理を撮影するために、何かを犠牲にしていることだってあるかもしれない。SNSで見えるのは、本当にその人の100分の1に過ぎない。本当に完璧な人がいるとしたら、少なくともSNSには依存しないだろう。

流れてくるタイムラインが世の中のすべてだと思ってない?

流れてくるタイムライン、ついつい暇潰しに見てしまうものだ。でも、そのタイムラインはあなたのために用意されていることを忘れてはいけない。現在のSNSは、自分の発信内容と似た特徴を持つ人や、自分が興味のある投稿が流れてくるように設計されている。

つまり、タイムラインにはあなたの見たいもの、見たい情報しか流れてこなくなるということ。

もちろん、見たいものや知りたい情報を手に入れるためのメディアである。しかし、世の中はSNSの世界なんかよりもはるかに豊かで、多様な価値観、個性的な人間がいる。自分好みに作られたタイムラインを「世の中のすべて」だと思ってしまうのはとても怖いことである。

ツイッターやインスタ、やる意味が分からないなら、離れるべし

ツイッターやインスタなどのSNSは、人間の満たされないものが集結しているともいえる。本当に明確な目的を持たないままやっていると、思考が歪んだり偏ったりするものだ。

世の中には、SNSよりも大切なことがある。人と目線を合わせて話すこと、本を読んで根拠のある正しい知識を身に着けること、体を動かして汗を流すこと……何度でも言うが、世の中には、SNSよりももっと素晴らしいものがたくさんある。

ツイッターやインスタに疲れたり、やる意味が分からないと思うのであれば、今すぐアプリを削除して目線を外に向けてみよう。改めて目線を外に向けると「世間はこんなに広く、こんなに素晴らしいことがたくさんあるのだな。」と実感できる。

SNSは手段であり、目的ではない。あなたの目的は、SNSで輝く人生だろうか?それとも、輝く人生をSNSで発信するのか。どちらが自分にとって大切なことか、考えてみよう。

ツイッターやインスタをやる意味、もう一度よく考えてみてほしいものだ。/Kandouya編集部

【もしかして:ツイ廃】あなたのツイ廃レベルはどのくらいですか?
twitterにのめり込んでいるそこのあなた!ついつい見ちゃうレベルから、ツイッター中心の生活になっている人まで、あなたの【ツイ廃度レベル】をチェックしてみませんか?
スポンサーリンク
夏野 新 オンラインカウンセリング
つらい気持ち、吐き出してみませんか?
kandouyaで様々な記事を執筆している「夏野 新」によるオンラインカウンセリングをスタートしました。 人には話しにくいこと、隠している苦しい気持ち…… そんなつらさを、抱えたままの生活は苦しくありませんか? ​ この心理カウンセリングでは パターン化してしまった考え方のクセや歪んでしまった認知、 狭くなってしまっている視点に「自分自身で気づく」ためのサポートをします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNS
kandouya