kandouya

ネガティブ/マイノリティ専用WEBマガジン

【episode8】ストイックでズバッと言うけど温情がある「さき きさき」の言葉

さき きさき(沙木貴咲)さん/占い師・ライター

「そこに、温度がある人たち。」第八回は、占い師兼ライターの「さき きさき」さんをnoteと共にご紹介したい。どうでもいいこと言わせて!そんな名前だったら、早口言葉にして試してみたくなってしまう!

「さき きさき さき きさき さき きさき さき きさき さき さきさきささささきいいいいい」

…………

さて、気を取り直して、noteをならべていきたい。

「泣かない女が泣く時」https://note.com/saki_skisaki/n/n6b74b021bfb2

もっとゆっくり眠りたい。
落ち着いてご飯が食べたい。
ちょっとボーッとしたい。

……とは思う。でもショッピングにもスイーツにも興味がなく、女性同士が話す会話の6~7割が苦手で、趣味を仕事にしているのもあり、いわゆる遊びに時間を使いたいとあまり思わない。

贅沢に時間が使えるとしたら私は何をするのかというと、
「直接的にお金にはならないけれど書きたい文章を書きたい。得意分野の幅を広げるための勉強がしたい」。

https://note.com/saki_skisaki/n/n6b74b021bfb2「泣かない女が泣く時」

この記事を読んで私は、この人となら友達になれそうだな(勝手に)と思った。さきさんと私が友達だったら、たぶん、なんだかんだで会う約束がいつも流れるのに、お互いいちいち確認もしないで、年に1回ぐらいたまたま合ったタイミングで飲みに行き、話し込んだのにそのあとはめったにLINEもしないし会いもしないけどずっとつながっているような関係になると思う。

でさ、気になったのが「占い師」ってこと。

「占いはエンタメになるのか?」https://note.com/saki_skisaki/n/nf42d7c4eb762

読んでいて気持ちいいんだよね。外ズラ気にしてない感。

小気味のよさと、時折見せる繊細さがアンバランスで魅力的

「港区タワマンで女を釣ろうとするナンパおっさんへ」https://note.com/saki_skisaki/n/n3d154881ee15

以前、ツイッターで「僕は港区タワマンに住んでいます」と自慢げに語るおじさんからナンパされた。
下品で露骨なナンパにも呆れたが、「港区タワマン」で女の気を惹けると考えたおっさんに、本気で「コイツ、アホだな」と思った。

https://note.com/saki_skisaki/n/n3d154881ee15港区タワマンで女を釣ろうとするナンパおっさんへ」

ぱっと見優等生系の清楚メガネっこ美女が歯に衣着せずはっきり言うのって、なんかよくないですか。朝から笑ってしまった。しかもお母さんなんだぞ。こんな母ちゃんめっちゃいいやん。

「コイツ、アホだな」って言われたい人、先生は怒りませんから手を挙げてみなさい。はい、わかりました。やっぱり怒りますコラ!

「歯車になるということの意味」https://note.com/saki_skisaki/n/n633a26014081

歯車がイヤだと言う人は、自分が誇れる会社・仕事・人間関係に巡り会えていないのかもしれません。「誰かのために」は結局、「自分のため」になるので。

人間、一人では生きていけません。仕事もできません。恋愛も一人では成立しないものです。

「歯車」良いじゃないですか。

https://note.com/saki_skisaki/n/n633a26014081「歯車になるということの意味」

目的意識や他者に与えることが理由になって生きている人がいる。「自分のために生きることが求められている」それが今のトレンド。もちろん私もそんな時代に沿った記事を書くこともある。けれど、誰かのためじゃないと生きられないという人がいる。私も同じ。

それは「自分がない」「自分のために生きる方法がわからない」のではなく、それが自分のためになっているということ。特別な大きな喜びは常にないかもしれない。でも、誰かのために自分がいるということが、生きる意味でもいいんじゃないかと、そんなことを思った。

さき きさきさんのnote、ぜひ読んでみてくださいね。https://note.com/saki_skisaki

さき きさき(沙木貴咲)profile:占い師/恋愛ライター/anan/Netflix/愛カツ/カナウ/DRESS/ぎゅってweb/ジョブトラアカデミー/シンママ/元メンヘラ/ブログhttp://saki-kisaki.hatenablog.com /メール相談http://chikage018.stores.jp /お問合せoka.saki.oka@gmail.com

kandouya編集部/森花

Return Top