kandouya

ネガティブ/マイノリティ専用WEBマガジン

【episode14】”生命”の表現者、雪柳あうこさん厳選「詩集」

引用元:https://note.com/aukoyy 雪柳あうこさん

「そこに、温度がある人たち。」第十四回は、雪柳あうこさんのnoteに書かれた詩から、森花が勝手に好きなものを選び、勝手に想像をふくらませ、勝手に解釈してご紹介したい。

「詩に答えはない」と信じて。

雪柳あうこさんの詩には、生命と生きることの強さ儚さが凝縮している

「雪柳」https://note.com/aukoyy/n/n11a2503a0c88?magazine_key=m424c93132417

たわわに咲いた雪柳の
花房の根元に
幼い日のわたしがいる

小さな手で
花房を握りしめたまま
先へと沿って引っ張ると

ぶちぶちと小さな音を立てて
命が千切れる
掌に、あふれる緑と白

https://note.com/aukoyy/n/n11a2503a0c88?magazine_key=m424c93132417「雪柳」

なぜ名前が「雪柳」さんというのか、最初から気になっていた。この詩に、その思いが込められていた。

無邪気な少女、その手ひとつでこぼれてゆく雪柳の命。それでも命は美しい。いつ失うかはわからなくても。雪柳あうこさんの詩は、人の幼少時代の無邪気さと命の儚さ、その儚いなりに輝くことの美しさを、コントラストで表現している。愚かさがあるから聡明さが浮き彫りになり、陰があるから太陽がまぶしく思えるように、対比した世界観をたった数行に凝縮する。そこに邪念はなく、詩とは究極の引き算だということを感じさせる。

雪柳さんが受賞した詩「死の意思」もまさに、生と死をコントラストで見せることによって、生きることの尊さと死ぬことの儚さをあらわしている。

画像引用:https://note.com/aukoyy/n/n2839de3e41e1?magazine_key=m424c93132417

「花と花と花」https://note.com/aukoyy/n/n2839de3e41e1?magazine_key=m424c93132417

線路沿いの薔薇の花は
少し、干からびている

苛烈な夏のせいだけでなく
線路沿いの花は大抵みんな
少し、干からびているよう

遠目にはみずみずしく
見えていたとしても

https://note.com/aukoyy/n/n2839de3e41e1?magazine_key=m424c93132417「花と花と花」

遠目にはみずみずしく見えている花が、本当は今にも枯れそうになりながら咲いていることに気付くのは、そこに近づいた人だけだ。「本当はどうなのか」を知ろうとした人だけだ。それは人間とよく似ている。

「真実を見ていますか」と訴えかけられているように思えた。

そして、枯れそうな花の生命力は、わずかな養分からもまだ生きようとする「強い意思」。みずみずしく見える人だけが、輝いているのではない。今にも壊れそうになりながらでも、咲き続ける人がいる。そんな社会を表現しているとまで思ってしまった私は、この時点で「雪柳ワールド」に入っちゃっているよね。

あともう一つ、「花テロ」という言葉を初めて知りました。

飯テロの次は花テロだ。なんかいい響きだ。

画像引用:https://note.com/aukoyy/n/nb26080941840?magazine_key=m424c93132417

「ふゆ」https://note.com/aukoyy/n/nb26080941840?magazine_key=m424c93132417

もしも、あなたのくらすまちまで
わたしのかけらがたどりついたら、
そっと、ひろいあげてくれますか?

そして、ほんだなのおくにねむる
ことさらぶあついほんのページに
そっと、はさんでくれませんか

ほわほわとした、ふゆのすすきを
うすあおぞらにとじこめるように。

https://note.com/aukoyy/n/nb26080941840?magazine_key=m424c93132417「ふゆ」

なぜこの詩が「ひらがな」で書かれているか、すぐにわかった。「ほわほわ」としたやわらかい命を、漢字におこすことができなかったんだなって。ここにも雪柳さんの感性が光る。

文字が与えるエネルギーや印象までも意識して書かれていることには、本当に凄いなと。

風に乗せて命を繋いでいくなんて、人間には想像もできない世界。でも確かにここにあるのだ。季節の終わりに、どこかからすすきの「ほわほわ」が飛んでこないかな。

飛んでいる事さえも気づかないのかもしれないな。

できるなら私は、気付ける人で、ありたいな。

雪柳あうこの世界に、あなたも溺れてみては? とても素敵でした。

雪柳あうこさんのnoteはこちらhttps://note.com/aukoyy

雪柳あうこprofile:小説や詩・ことばなどをのんびりとつとつと紡いでいます。小説も詩も受賞したりぽつぽつ入選したり掲載されたり。2020年は第五回永瀬清子現代詩賞、第29回詩と思想新人賞を受賞しました。ご連絡はプロフィールのメールアドレスまで。ノベルメディア文活、詩誌OUTSIDER に参加中。

kandouya編集部/森花

Return Top